人と関わること | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 5月 8日 人と関わること

 

 

こんにちは!

ついにわたしも最後のブログとなってしまいました。

東京外国語大学3年の

佐藤汐音です。

 

2年間、色々な ブログを書いてきましたが、

私も最後に感謝の想いと、

東進で学んだことを

伝えたいと思います。

 

 

私にとって、担任助手をやっていてよかったこと、

それは

何よりも生徒のみんなと出会えたことでした。

 

 

 私が最後に

こんな風に思うようになることは

実は、すごく意外なことでした。

 

担任助手1年目は、

ひたすらに自分の仕事でいっぱいいっぱい。

自分主義でした。

 

しかし、 

2年目を続けるか悩んでいた時に

 続けることを決めた要因には

生徒の存在がありました。

 

今担当をしている生徒を

しっかり最後の合格まで、見届けたい。

少しでも、私の力で

一人の生徒の将来を変えることが出来るなら

その場に立ち会いたい。

 

そんな想いで

2年目を続ける決断をした日が、

本当につい最近のように思えます。

 

 

自分主義だった仕事の仕方から、

「人のために」

を想って行動する自分に

変化していることを実感した瞬間でした。

 

 

これが、私の担任助手生活での

一番の収穫だったと、振り返って思います。

 

学生のうちは、

自分がすべてです。

当然だし、それでいいと思います。

 

自分が受験に合格すればいいし、

自分が好きなことをやって生きていけばいい。

 

 

 

でも、これからの人生、

多くの人はあと数十年を

「働く」

という行為が生活の主になるはずです。

 

 

「働く」ことは、

どんな職業であっても必ず

「社会や他人」に影響を及ぼすはずです。

それも、いい影響を。

 

 

人は、他人がいなくては生きていけません。

気づいていなくても、

必ず何らかの手段を用いてコミュニケーションとることによって

生活を成り立たせています。

 

 

せっかく働くなら、

人のためになることを。

 

せっかく生きているなら、

たくさんの人との関りを。

 

せっかく知り合ったなら

少しでもその人の人生に自分がかかわった、という跡を。

 

 

 

そんな軸を見つけることができたのも

ここ、津田沼校のおかげだと思っています。

 

 

生徒とだけじゃない。

担任助手間でも、

先輩、同期、後輩、

いろんな人がいました。

 

晴れて私の担当から

担任助手として今働いている後輩がいることも、

この上ない喜びです。

 

 

出会った人の数が多ければ多いほど、

それだけ自分の人生観価値観

豊かになっていくんだ、と

思います。

 

 

大学受験の内容とは

少し離れてしまったかもしれないけど、

いつもシビアで現実的なことを

言ってきたので

最後は少しスケールの大きな話を

してしまいましたね。

 

 

 

 みなさん。

 

世界は広いです!

 

みんなも大学へ進学したら、

たくさんの人と触れ合ってください。

いろんな価値観を吸収してください。

国の違う知り合いもたくさん作ってください。

 

 

私にできたことは

まだまだちっぽけだったかもしれないけど、 

津田沼校で出会えた人すべてに感謝します。

 

 

わたしはこれから1年間

アメリカに行ってきます。

距離は離れているけど、

これからもずっと

みんなの健闘を祈っています!!!

 

 

3年間、本当にお世話になりました!

 

 

佐藤汐音

 

 

 

 最後まで読んでくれてありがとう。

 

明日の更新は!

 

卒業生からの

最後のブログになります。

 

 

 

喜多村真担任助手!

 

私が心から尊敬している方です。

この人には敵わない、

そう思ったことが、実は一番多い担任助手でした。

 

私にない引き出しをたくさん持っていて、

いつも一歩前を歩いている姿に

悔しさを覚えることもありました。

 

そんな喜多村さんのブログを読めるのも、

明日がラスト! 

3年間の想いを綴った渾身のブログ、

お見逃しなく!

 

2017年合格が続々と出ています!!

詳しくはこちら↓

部活を最後まで頑張っている
あなたに向けた
高3生
最後の招待講習
お申込みはこちらをクリック↓↓↓
周りが前より勉強してる、、
もっと成績伸ばしたい、、
受験について全然知らない、、
 
相談質問
受付中!
 
いつでもお待ちしております。

 

 

最新記事一覧

過去の記事