今日も今月も今年も普通。 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 3月 21日 今日も今月も今年も普通。

 

こんにちは!
もうすぐ東進ハイスクール
津田沼校担任助手2年、
そして明治大学2年生になる
石井智也です。

僕は昔から
先輩として後輩に接するのが
とても苦手な人間です。敬語とかも
めんどくさいのでいいよと
言ってしまいます。

何度も良くないかな
と思いましたが、たどり着いた結論は
僕に対しては
それでいいということです。
その代わりに他の先輩には
しっかり敬語で喋るように言います笑
変な人間ですよね。

 

さぁ、皆さん!もう3月です!
色々なことを思う時期ですね。
別れの季節でもあり、
出会いの季節でもありますね。

 

そして一般的には
新学期や新しい挑戦をするための
準備期間ともされています。


現在、皆さんは必至に
三末完成や新学期に向けて
勉強をしていると思います。


そしてテストが終わり
学校から解放される
この春休みを通して
たくさん遊んだり、
趣味に励んだりすると思います。


それはとてもいいことです。


これからあることに向けて準備をする、
やりたかったことに挑戦する。
とてもいいことです。

 

しかし!
今月は〜だから頑張るとか、
明日は何の日だからどうだとか
何かをやたら特別扱いすることは
好きではありません。

一時期ニュースで3.11に関した

ネット上の投稿が

話題になりました。


内容はこのようなものです。


 2011年の3月11日には
宮城県沖を震源とする
東日本大震災が発生した。
それを受けて翌年以降3月11日は
震災を考える日として
黙とうをささげ
決意を新たにする日だ
という人たちもいる。

ただ誰かにとって祈るべき日は
誰かにとっての誕生日であり
結婚記念日であったりもするのだ。
だからこそ今日は
あくまで普通の日である。
だからこそ地震のことを考えずに
震災関連イベントを
開くこと以外を不謹慎
というのはおかしい。
 3月11日は前向いて生きていく
 365日のうちの一日であり、
普段と同じように楽しむことは
楽しみ頑張るべきことは
頑張る日なのだ。

僕もこの考えに賛同していて
なぜ何か起こったり、何かがあると
やたらその日その月その年を特別扱いして
生活するのか。全くわかりません。
その特別扱いをすることによって
他の日や他の月に影響が及んでしまっては
本末転倒だと思うのです。

 

みなさん3月末完成があるから
勉強を頑張るではないと思うのです。
今後の社会を生き抜いていく上で
必要だから勉強をするのです。
三月終わったからとりあえずいいやでもなく、
受験が来年の2月だからまだいいやでもなく
普段普通の月日からたゆまぬ努力を
出来たものが全てにおいて成功、チャンスを得ます。


だから常に普通の日を過ごし


毎日変わらぬ努力を

 

続けることが

 


全てにおける成功への近道だと

 

僕は思っています。

 

今日も普通の日でしたね。笑笑

 

ありがとうございました!

 

 

明日の更新者は!!!

邦ロックを教えてくれた人。

そして校舎一のいいやつ。

悪いところはないと言っても・・・?

 

ここまで言ったら分かりますよね?

大道担任助手だ!!!!

 

 

そんな彼がどんなブログを書くのか 

 

必見ですね!!

 

 

東進の東大現役合格者実績は日本一。


その理由を君の目で確かめてもらうのが、

「新年度特別招待講習」

です。


春期講習を無料で体験できる特別な機会に、

君を招待します。

お申込みは下の画像をクリック↓↓↓

 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓
 

 

 

最新記事一覧

過去の記事