僕が英語を勉強するワケ | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 3月 23日 僕が英語を勉強するワケ


お久しぶりです

 

先週、ららぽーとで買い物をしていたら

店員さんに「実は僕もハーフなんですよ」

って僕がハーフ前提で話をされました

 

法政大学1年宮嶋です

特に珍しい出来事でもないので

普通に対処しました(笑)

 

そしてなんと時は早いもので

あと1週間で1男が終わると思うと

悲しくて泣きそうです

※大学生用語で大学1年生男子を1男(イチダン)

1年生女子を1女(イチジョ)と言います。

大学生になったら使ってみてね(笑)

 

でも2年生になったらの楽しみもあるので

今年も頑張りたいと思います!

 

さて本題

 

今回は僕の個人的な話なんですが

「なぜ僕が英語を勉強するのか」

について書きたいと思います。

 

ちなみに大学生になった僕は今も

実は英語の勉強をしていて

割とモチベーション高く勉強してます!

 

なぜだと思いますか!?

 

別に将来英語を使った職業に

必ず就きたいというわけでもありませんし

 

僕が受験勉強を始めた時の

センターの点数は驚異の20点台で

結局本番も全然いい点数取ってないです。

 

英語が最後まで苦手で

得意の社会で英語のロスをカバーする

典型的な英語できない受験生でした。

(こうならないように3末完成意識しようね)

 

そして今も英語が好きか嫌いかで

聞かれれば

好きではないですね(笑)

 

なぜでしょう

 

将来は英語が話せるのが

当たり前と言われいるから

 

就活で必要になるから

 

大学の授業で必要だから

 

TOEICのため

そんな声が聞こえてきそうです

 

確かに全て僕が英語を勉強する理由には

入っています

 

ですが

これはどちらかというと

僕にとって勉強する理由ではなく

勉強しなくてはいけない理由になります

 

失敗したくない

嫌な思いをしたくないという

マイナスの感情ををスタートとした

モチベーションで

これは

相当追い込まれた状況にある人にとっては

有効なモチベーションになりますが

まだ1年生の僕には

それほど効果をなしていないです

 

僕が英語を勉強する

最大のモチベーションは

 

英語を話せるようになって

もっと自分の世界を広げたいから

 

 

こんな理由です!(笑)

 

大学生になって今までの野球だけの

日々とは違って

時間も比較的あるので

色々な経験をする機会があり

その中でもしも英語ができたら

もっとすごい経験ができるのでは

って思い始めたからなんです!!

 

 

これはさっきとは逆で

プラスの感情をスタートにした

モチベーションで

もしこうだったらいい思いができるなって

自分にとってプラスのことを考えています

 

みんなのなかにも

「やらなきゃいけないのはわかってる」

って人いると思います。

 

そういう人はプラスのモチベーション

探してみて下さい!

 

自分で調べるのも良し

担任助手はみんな大学生なので

担任助手に大学の話を聞くのも良し

 

また、今日3月23日の19時から

24日の20時から

現高校3年生の先輩による

合格報告会もあります!

 

この間合格を手にしたばかりの先輩たちの

話を聞くのは

みんなにとって必ずモチベーションに

なるはず!

ぜひ参加してみて下さい!

 

どうして勉強をするのか

1人1人が自分自身で見いだせれば

もっともっと頑張れると思います!!

 

こんなこと考えられるの新高3生は

今しかないし

新高1.2年生はもっと深く考えてほしい!

 

3末模試まであと1週間

最後まで頑張っていこう!!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

明日の更新者は

梯(かけはし)さん!

 

漢字にすると読めますか!?

僕は生徒時代、読めなかったので

周りの声を聴いてそれっぽい感じで

誤魔化してました(笑)

(ごめんなさい)

 

明日の更新もお見逃しなく!!

 


 

東進の東大現役合格者実績は日本一。


その理由を君の目で確かめてもらうのが、

「新年度特別招待講習」

です。


春期講習を無料で体験できる特別な機会に、

君を招待します。

お申込みは下の画像をクリック↓↓↓

 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓
 

 

最新記事一覧

過去の記事