塵も積もれば山となる | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 5月 16日 塵も積もれば山となる

 

こんにちは!

ON/OFFで性格が違うらしい

古茂田です。

この前初めてブログを

書いたと思ったら

もう2回目の更新です。

時間の流れって早いですね。

さて、

今日の話は

そんな早い時間の流れを

有効に使うための

“隙間時間”

の話です。

隙間時間を使え、

なんてことはもう色んな人から

散々言われてるかもしれませんが

僕からもその意義を

伝えれたらと思います。

はい、

ではいきなりですが質問です。

受験で有利な

ってどんな人だと思いますか?

勉強の質や効率が良い人

元々の能力が高い人

志望校に対する想いが強い人

他にも色々考えられると思います。

でも僕が考えたのは単純に

勉強時間が長い人

が有利な人だと思います。

いや、そんな単純なことかい!

って思った人もいると思います。

だけど実際そうじゃありませんか?

勉強時間が長いってことは

その分たくさん勉強してる

ってことですからね。

まあ確かに、そう考えたらそうゆう人が有利なのかもな、でもまだ部活忙しくて勉強時間あんま確保できないなー、

やってるけどまだまだ足りない、もっと欲しい、

ってなった人、

安心してください。

ここで登場してくるのが

今日のテーマ

隙間時間です。

だけど隙間時間なんて

5分とか10分そこらでしょ?

そんなやったって変わんなくない?

って思った人、

甘いです!!

“隙間時間”

この時間がもたらしてくれる可能性は

無限大です。

例を出して考えてみましょう。

例えば、

電車通学の時間の内の10分

(往復で20分)、

学校の10分休み

(6限の日だったら5回分)、

スマホに費やす内の10分、

カップ麺の待ち時間3分、

寝る前の10分、

これを全部足してみます。

すると1日で

なんと93分もあります。

そしてこれを

センター試験まで

毎日続けたとしましょう。

センター試験までは

残り246日です。

なので

93×246=22878

なんと、

22878分です!

時間に直すと約381時間

受講なら254コマ可能です!!

個人差はあると思いますが

これだけの時間を

隙間時間によって

確保することができます。

この隙間時間、

時間がもっと欲しい人が

利用しない手は

ないんじゃありませんか??

隙間時間どんどん利用していきましょう!

あ 

 あ

 明日の更新は、、、

高校時代山岳部で

インターハイへ出場!!

中村香央里担任助手!

どんな話をしてくれるのでしょうか!

 

 

 

 

2017年合格が続々と出ています!!

 

詳しくはこちら↓

 
 
 
部活を最後まで頑張っているあなたに向けた
 
高3生最後の招待講習。
 
 
お申込みはこちらをクリック↓↓↓
 
 
周りが前より勉強してる、、
もっと成績伸ばしたい、、
受験について全然知らない、、
 
相談質問受付中!
 
いつでもお待ちしております。