己を誇れる人であれ! | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 1月 27日 己を誇れる人であれ!

 

こんにちは!

 

受験に関しては

色々と波乱をおこしました

大道 涼佑です

 

僕はみなさんとは

かなり違った受験期を過ごしてきました

 

文化祭

夏休みはほとんど勉強できないし

家が近くはないので

毎日東進に来るわけじゃないし

さらに受験期でも

アルバイトを続けていました

 

2年生の時から模試ではA判定

センターリサーチでは1位

でも最後の最後で不合格

 

いろいろとありました(笑)

かなり壮絶な受験期だと思います

 

もしこういう経験をした人がいたら

今度ゆっくりお話しましょう(笑)

 

そんな受験期も

今となってはいい思い出です

 

そんな僕が大学受験のショックを

忘れかけていた

大学1年生の

僕は母校である

薬園台高校の文化祭の準備を

手伝いに行きました。

 

文化祭準備修了の時間が近づくと

必ずその年の文化祭の

テーマソングが流れるわけですが

そこで流れた歌に

とても心を打たれるとともに

自分の受験期が

鮮明に頭の中によみがえりました

 

阿部真央さんの

『Believe in yourself』

という歌です

 

 

「やれるだけやり切ったか

なんて

自分しかわからない

だから自分に嘘つくな

自分にはズルするな」

 

「君にしかわからなくたって

楽な道は選ぶな

最後に報われるのは

逃げずにいた君自身だから」

 

 

いま自分の胸に手を当てると

嫌というほど自分の弱さ

思い出します

 

今日は疲れたからいいや

いい点数取れたから

今日はもう帰ろう

明日やれば大丈夫

 

受験はつらくてとても長い

何度も何度も逃げ出したくなって

でもその度に踏ん張って

今の自分がいます

 

 

「誰かと自分を比べるよりも

己を誇れる人になりたい

自分を投げ出さず生きた

今日を

褒め続けられる

日々を送ろう」

 

 

合格して

一番うれしいのは自分

不合格だった時

一番悔しいのも自分

自分が頑張ってるか

一番わかるのも自分

 

みなさんも自分の胸に手を当てて

考えてください

今まで頑張ってきたこと、

逃げてきたこと。

 

僕がどんなに嘆いても

僕の大学受験は変わりません

 

しかし

みなさんの受験は

まだ終わっていません

これから変えることができます

 

3年生だって

まだ終わってない人が多いと思います

低学年のみんなには

1年以上残されています

 

自分の大学受験が終わって

胸に手を当てた時

己を誇れるような

そんな受験期であってほしいな

と心から願ってます

 

読んでいただき

ありがとうございました!

 

さて!

次の更新者は・・・

高校時代は同じサッカー部⚽

高校1年生の時から

毎日のように登下校を共にした

平川将史担任助手!

余計に高校時代を

思い出してしまいます(笑)

 

明日もお楽しみに!!

 


何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓
 

 

 

最新記事一覧

過去の記事