目標を決めよう | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 4月 26日 目標を決めよう

 

こんにちは!!

 

担任助手2年目の戸森です!!

 

先日の大道くんの紹介により

 

お腹が出てきていることが

バレてしまいました。

 

誰かオススメのダイエット法を

教えてください。

 

結構切実です。笑

 

 

 

さてさてここからが本題です。

 

まずは先日のセンター模試

 

お疲れ様でした。

 

春休みの勉強の成果

三末完成模試の分析

活かすことができたでしょうか?

 

各々思うところはあるかと思いますが

ここで一つ質問をさせてください。

 

センター模試の前に

目標を決めましたか?

 

いや、決めたに決まってんじゃん。

 

と全員が答えてくれることを

願って次の質問に行きます。笑

(模試を受ける前に目標を決めないのは

受験生として失格!!)

 

はい、次の質問はこちら。

 

目標は何個立てましたか?

 

いや、一つに決まってるじゃん。

 

って答える人が多いですよね。

 

だがしかし。

 

目標は三つ立てましょう!!

(今日一番伝えたかったことですこれ。)

 

はいなぜこんなことを僕が言うのか。

 

答えは簡単です。

 

目標はほぼ達成

できないから」です。

 

 

!?!?!?!?!?!?!?

 

いや何言ってんだこいつ。

って思いますよね。

 

ちゃんと説明します。

 

みなさん自分の経験を

思い出して欲しいのですが

こんな経験はありませんでしたか?

 

 

 

T君「次の模試で俺は◯◯点取る!!」

 

↓ ↓ 数日後 ↓ ↓

 

T君「このままじゃ◯◯点取れねえよ…。

  でもどうせ達成できるわけないし

  まあいっか!!」

 

↓ ↓ 模試後 ↓ ↓

 

T君「やっぱ◯◯点取れなかった。

  まあでも最初から

  取れるわけなかったし。

  今回はしょうがないな。

  次頑張ればいいでしょ。」

 

 

 

あるあるですよね!!!!

「高すぎる目標を設定した挙句

案の定達成できなくて萎える」現象!!

 

今回も実はそんな人が

多いんじゃないでしょうか。

 

しかし高い目標を

設定すること自体は

何も間違っていません。

 

最初から低い目標だと

自分の天井が

決まってしまいますよね。

 

ではどうやったらこの現象を

回避することが

できるのでしょうか?

 

勘のいい人は気づきましたよね?

 

そう

目標は三つ立てましょう!!」

これです。

 

では具体的にどう目標設定するのか。

 

立てる目標の種類は以下の三つです。

 

①理想の目標

②中間目標

③必達目標

 

なぜこの三段階に

分ける必要があるのか。

 

多くの人はだいたい①の目標(理想)

しか立てません。

だから達成できなくて萎える現象が

起きてしまうのです。

 

しかし三つ目標を設定することにより

 

⑴必達目標は最低でも達成できるため

 小さな成功体験になる

⑵理想の目標が決まっているため

 慢心することがなくなる

⑶中間目標が決まっているため

 理想の目標までの

 距離がより具体的にわかる

 

などのメリットが得られるようになります。

 

今まで模試の度に

目標を達成できなくて

萎えていた人は

ぜひ実践してみて欲しいです。

 

はい、今日は具体的な目標の立て方

について語りました。

 

しかし一番大事なのは

その目標の実現方法を

具体的に考えて

それを実践すること。

 

目標は達成するために

立てるものです。

 

目標を達成できないことに

慣れないでください。

 

まずは必達目標から

コツコツ達成していって

 

最終的には

第一志望合格という

理想の目標を

達成できるといいですね!

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

さて次回の更新は???

 

 

長谷川担任助手だ!!!!

(写真左から三番目)

あ、左から二番目が僕ですね。

 

長谷川がどうこうよりも

この写真のシチュエーションの方が

気になりますが

彼女のブログに、乞うご期待。

 

2017年合格が続々と出ています!!

詳しくはこちら↓

 
あ 
部活を最後まで頑張っているあなたに向けた
高3生最後の招待講習。
ああ
 
お申込みはこちらをクリック↓↓↓
 
 
周りが前より勉強してる、、
もっと成績伸ばしたい、、
受験について全然知らない、、
 
相談質問
受付中!
 
いつでもお待ちしております。