目的志向型 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 1月 26日 目的志向型

 

こんにちは!

 

東進ハイスクール津田沼校

担任助手2年目、

千葉大学の佐藤由季也です。

 

 

 

おそらく今回のブログは

一部の受験生にとって

最後のブログになる可能性が

あります。

 

 

なので、今回のブログでは

僕が伝えたいこと二台巨塔の

うちの一つ、

「目的志向型」

についてお話しします。

 

 

ちなみにこの考えは

僕が尊敬する先輩の内の

一人である、中〇 逸人元担任助手

から教わりました。

 

 

さて、皆さん突然ですが

 

なぜ、受験をしていますか?

 

 

一つ理由を思い浮かべてください。

 

 

人によって様々な理由が

あると思います。

 

ある人は

 

「国立大にいかないと親が怒る

から国立大を目指す。」

と思うだろうし、

 

 

「難関大学に入ったら、

良い職業につける。」

と思うような人もいるでしょう。

 

 

このような問題を考えるとき

人間は2種類に分かれます。

 

 

 

前者のように、

目の前の問題を回避するために

行動を起こす人間を

「問題回避型」

と言います。

 

 

 

後者のように自分のしたいこと

のために行動を起こす人間を

「目的志向型」

と言います。

 

 

 

皆さんがこの東進を卒業し、

大学や社会に出て目指すべきなのは

「目的志向型」だと

僕は思っています。

 

 

 

大半の人は大学に行くので、

大学の生活を例にします。

 

 

おそらく色んな人から聞いたと

思いますが、

 

大学は高校に比べ、自由です。

 

授業を休んで、明治神宮へ行くも良し。

(1年生のときの僕です)

 

課題を遅れて出すのも良し。

(1年生のときの僕です)

 

とにかく何をしても叱ってくれる

「先生」はいません。

 

 

いるのは研究のついでに授業を

教えてくださる「教授」ばかりなんです。

 

 

 

つまり、大学では

自立が求められます。

自分で計画し、

自分で行動し、

自分で反省し、

自分で改善していかなくては

いけなくなります。

 

 

 

そんな環境において

どのような人が

 

正しい方向に向かっていけるか。

 

その答えが

「目的志向型であること」

だと思います。

 

 

 

目的志向型は

行動の前に目標が

先んじます。

 

 

「海外で活躍する

人材になりたい!」

とか

「楽して稼げるように

なりたい!」

とかですね。

 

 

 

そこで目的志向型は

それを叶えるために

どう動くかを考えます。

 

 

 

「海外で働くためには

まず英検をとろう。」

 

「楽して稼げるために

まず世の中のお金の仕組みを知ろう」

 

と言った具体的な行動が

逆算的にでます。

 

 

問題回避型

こうもいきません。

 

 

目の前の課題に対して

「これはこう処理しようかな」

と悩むばかりです。

 

 

 

これは自分の人生観ですが、

 

用意されたレールの

上を走ることしかしないのは

人間が機械と異なって持っている

「新しく創り出す能力」つまり創造性

を無駄にしているのと同義なんじゃ

ないかなあと思います。

 

 

自分で新たなレールを

創り出せるのは

人間のいいところの内の

一つなのかなとも思います。

 

 

目的志向はそんな創造性を

生かす手助けをしてくれます。

 

 

ぜひみなさんも、

目標を先に立てて、それに

向かって走る人になってほしいです。

 

 

それじゃあ最後に

僕の目標を言って

締めとさせていただきます。

 

 

 

「夏までに痩せます!!!」

(3年連続3回目)

 

 

ありがとうございました!

さて、次回の更新者は・・・

 よくみるとホクロ多くね?
 
 
 
大道担任助手!!!
 
 
 
こいつはなんだかんだ、
受験に関してはもう一波乱どころ
じゃないくらい色々波乱起こしてたから
受験に関していうことが多い(はず!)
 
 
 
そんな大道のブログを
お楽しみに!!!

 
 
何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓
 

 

過去の記事