考え、至った答え | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 11月 15日 考え、至った答え

どーも。

早稲田大学文化構想学部一年の

齋藤です。

季節は秋をすっ飛ばして

もう冬真っ盛りですね。

個人としては

もう少し秋の風情を楽しんでいたかったのですが、

冬は冬でいいところがあるので

まあ良しとしましょう。

タラ鍋とかが

これまた美味しいんですよねえ…

皆さんは風邪を引かないよう、

体調に気をつけてくださいね。

ではでは今回のテーマ

「生きがい」

について話していこうと思います。

いやホントに

難しいお題を用意してくれましたよ某O氏は…

(そんな彼が書くブログは

きっと素晴らしいでしょうね!)

生きがいなんて

そうそう考える機会無いですからねぇ。

改めて考えてみても

なかなか見つかりませんでした。

それでも長い長ーい時間をかけて

ようやく1つ見つけられたものがあります。

それは…

 

当たり前の一日を

いつも通りに

過ごすこと

 

です。

いつも通り朝起きて学校に行き、

真面目に授業を受けた後に

友達と遊び、

家に帰って

くだらない話を家族として眠りにつく。

これこそが

自分の生きがいだと

胸を張って言い切ることが出来ます。

いやいやそれが生きがいかよ?

っておもう人もいるでしょうね。

でもこれって

ホントに大事なことだと

僕は思います。

「いつも通り」

「いつも通り」

じゃなくなる日は唐突に来ます。

その理由は病気だったり

事故だったり

戦争だったり

とにかく一人の力じゃ

どうにもならないことが大半です。

その時になって初めて

「いつも通り」

の大切さに気づいたって遅すぎるし、

もう戻ってくることはありません。

そんな経験は絶対したくありません。

「いつも通り」

ってことはあって当然なこと

と皆さんは考えているかもしれませんが

そんなことはなく、

とてもかけがえのないことなんです。

だからこそ僕は

日々をいつも通り過ごせていることの幸せを噛みしめ、

それに感謝しています。

何の不自由なく大学に通えていること、

友達とバカやったり喧嘩したりすること、

そして生徒の皆と楽しく話し合えていること、

全てに感謝し今を生きています。

 

 

 

皆さんはどうですか?

 

 

 

予備校に通えていることや

夜遅く帰っても

温かいご飯があることなどなど

全部

「いつも通り」

のことだと

思っていませんか?

 

そんなことないんです。

両親や周りの人の

ものすごい努力があって

今の皆さんは存在しています。

皆さんには

その幸せを噛みしめてほしい。

そして

そうやって自分を支えてくれている人々に

「ありがとう」

をつたえてほしい。

気恥ずかしいかもしれない、

キャラじゃないかもしれない。

それでも一言だけでもいい。

感謝の気持ちを

伝えてあげてください。

誰かのことを想う気持ち

皆さんを

より強く、

大きくしてくれるでしょう。

そうして培った心の強さ

きっと最後の最後に

皆さんの背中を

押してくれますよ。

ここからが踏ん張りどころです。

頑張ってくださいね。

 

 

本日も閲覧ありがとうございました!

明日の更新者は…?

 

われらの誇る東大のスーパーエース

児玉担任助手だ!

思考の深さにはいつも驚かされます!

そんな彼の生きがいとは…?

明日も見逃すな!

—―――――――――――――――――

多くの大物講師の授業が無料で受講できる

冬期特別招待講習

のお申込みを受付中!!!

1講座5コマの授業が

今回は3講座受けられます!!!

お申込はこちらをクリック↓↓↓

 

 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
友達が予備校に入っていた!?
 
受験について全然知らない((+_+))
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓