ゼミはアジア経済~内容との関連性を考えてみてください~ | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 5月 29日 ゼミはアジア経済~内容との関連性を考えてみてください~

どーも!

担任助手三年目の西田周平です(*^^*)

晴天が続き

自然と気分が高揚します!

 

しかーーーし

そろそろ梅雨入りの時期ですね…

じめじめした天気は

あんまり好きじゃないので

早くが来てほしいです(^^♪

 

さあ、今日は

むかーしむかしの学問から

学びを得ましょう。

 

今日取り上げる学問は

「陽明学」

です!!!

 

陽明学の根本は

かの有名な

孔子の「儒学」にあります。

同じく儒学にルーツを持つ

「朱子学」に相対する学問で

朱子学の主知主義に対して

実戦を重視しました。

 

簡単な説明をしましたが

詳しくは

倫理の授業や

参考書、

ネット等を

使って自分で調べてみてください!

 

そして

今日みなさんに

伝えたいことは

陽明学

有名な考え方の1つである

「知行合一」

についてです。

 

 

「知行合一」

とは

知(知ること)

行(行うこと)

は同じ心の良知から

発する作用であり

分離不可能であるとする考えです。

 

つまり

知っていて行わないことは

未だ知らないことと同じであり

いくら知識があっても

行動が伴わなければ

意味がないということです。

 

 

この考えを受験勉強に

応用すると

・・・

予習・復習

受講・音読

高速マスター

模試受験

朝登校

閉館帰宅

・・・

全部自分のため

第一志望合格につながると

わかっていても

実際に行動していなかったら

意味がない

と考えられます。

 

 

「わかってますよ~」

「知ってますよ~」

と言いますが、

わかっていても

行動できていない。

それはつまり、

「わかっていない」

ことと同義です。

 

だって

わかっていない人と

同じ行動してるんだもん。

 

せっかく

頭の中に

合格への近道があるのに

なぜかみんなは

近道ではなく

周りの受験生と一緒に

通常ルートで進んでいっています。

 

担任助手から言われたこと

担任から言われたこと

先生から言われたこと

先輩から言われたこと

 

全部、みんなの中に

知識として

蓄積されていると

思いますが

どんなに有益な情報を持っていても

行動に移すことが

できなければ、

 

なんにも情報を持っていない

人たちと

結局一緒なんです。

 

もっとどん欲に

行動し続けてほしい。

 

とにかく

みんなに合格してほしい

とにかく

みんなを合格させたい

 

 

長くなりましたので 

まとめます。

たくさんの有益な情報を

「持っている」

だけでは意味がないです。

行動につなげて初めて

「意味」

が生まれます。

とにかく行動しましょう! 

 

受験はまだまだここからです。 

これからも 

一緒に頑張っていこう!!!

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました<m(__)m>

~~~~~~~~

はてさて気になる明日の更新は…

東進津田沼校の

マスコットキャラクター

佐藤由季也担任助手です!

 

さわやか系になりましたね。(笑)

文才に長けてる

西田の元担当生徒

由季也君は

どんなブログを書いてくれるんでしょう!

 

是非見てみてください(^_-)-☆

 

~~~~~~~~

部活を最後まで
頑張っているあなたに向けた
 
高3生最後の招待講習。
 
 
お申込みはこちらをクリック↓↓↓
 
 
周りが前より勉強してる、、
もっと成績伸ばしたい、、
受験について全然知らない、、
 
相談質問受付中!
 
いつでもお待ちしております。