ブログ | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ 

2017年 8月 22日 リカレント教育

みなさんこんにちは

津田沼校担任助手の

児玉将馬です!

 

昨日の紹介では

猛者と書かれていましたが

そんなことはないです

東大の中の凡人です

 

昨日のブログでは

1点の重みについて

書かれてましたね

 

私は

どの模試でも

本気で点を取りにいこうと

していました

 

模試監督をするようになって

思うのですが

模試を本気で受けてない人が

多すぎますね

模試を雑に受けると

本番も雑になります

模試でできないことは

本番でもできません

気をつけてください

 

さて

もうまもなく8月

つまりは

夏休みが終わりますね!

受験の天王山と呼ばれる

この夏休みを

みなさんは

どのように過ごしたのでしょうか?

少し振り返ってみてください

 

どうでしたか?

おそらく多くの人は

あまり頑張れなかったな

とか

もう少しできた

と思うのではないでしょうか?

でも

まだ残り10日あります!

 

夏休みの10日は

学校がある時の

何日分になりますか?

自分の勉強時間をもとに

計算してみてください

 

相当な日数になりますよね?

残りの10日間

本気を見せてください

 

では

本題に入ります

 

今日は

前回予告していた通り

少し受験から離れた内容に

しようかなと思います

 

突然ですがみなさん

何歳まで学び続けますか?

 

大学受験まで?

大学生まで?

大学院も行く?

 

現在の主流は違います

(※大学受験をするなら大学でもしっかり学んでください)

 

みなさんは

リカレント教育という言葉を

聞いたことがありますか?

 

文部科学省のHPを見てみると

「リカレント教育」とは、「学校教育」を、人々の生涯にわたって、分散させようとする理念であり、その本来の意味は、「職業上必要な知識・技術」を修得するために、フルタイムの就学と、フルタイムの就職を繰り返すことである(日本では、長期雇用の慣行から、本来の意味での「リカレント教育」が行われることはまれ)。我が国では、一般的に、「リカレント教育」を諸外国より広くとらえ、働きながら学ぶ場合、心の豊かさや生きがいのために学ぶ場合、学校以外の場で学ぶ場合もこれに含めている(この意味では成人の学習活動の全体に近い)。

と書かれています

気になる人は

リカレント教育

で検索してみてくださいね

 

このリカレント教育自体は

かなり昔から

言われているものなのですが

今再び見直されています

 

社会の変化がめまぐるしい

現在ですから

当然とも言えますね

 

時代遅れの人間にならないように

学び続ける姿勢を持ちましょう!

 

まずは目の前の大学受験です!

そこに向けて頑張ってください!

 

さて

明日の更新は?

ゆきやさんだ!

上の写真は

どうしてこういうポーズに

なったのでしょうかね?

気になります

明日もお見逃しなく!

 

 

何から始めたらいいのか
周りが勉強を始めたら
受験について全然知らない
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓
 

2017年 8月 21日 目の前の『1』

どーも。

早稲田大学一年の

齋藤 史朝です。

最近

釣りに行きた過ぎて

家で竿を振り始めました。

待ってろ、魚たち。

実はこう見えて魚さばけるんですよね僕。

 

 

さて皆さん、いよいよ

8月模試

近づいてまいりました。

この夏休み、

この模試でいい点数を

取ることを目標に

勉強を積み重ねてきたと思います。

ではそんな大事な模試の直前期

何をしたらいいでしょうか?

 

 

 

 

答えとして僕は

即効性のある

点を取るための勉強

というのが挙げられると思います。

漢字や英語のアクセントが

これに当たりますかね。

皆さんも知っての通り

学力ってのは

そうやすやすと上がる

物ではございません。

一日二日で長文を満点にするとか

そうできません。

ですが先ほど挙げたものなどは

その限りではありません。

模試直前だからこそ

それらに焦点を当てて

最後まで粘り切ってみてください。

そうやって

あがいてとった点数

どれほどの重みを持つか

まだ実感がわかないかもしれません。

しかし受験の世界では

その1点で勝負が

決してしまうことも

あり得ます。

(某担任助手F,S君みたいにネ!)

そうならないために

そういったものを

模試直前にもう一度おさらいし

1点でも多く点数につなげられるように

頑張っていきましょう!

 

本日も閲覧ありがとうございました。

明日の更新者は…?

才気溢れる東大の猛者

それは紛れもなくヤツさ…

児玉担任助手!

明日も要チェックだ!

 

 

何から始めたらいいのか
周りが勉強を始めたら
受験について全然知らない
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓
 

2017年 8月 20日 今を頑張る

 


こんにちは〜

慶應大学1年商学部の

森下亮です!!

 

なぜかこの時期に

喉風邪ひいてしまって

のど痛すぎてご飯もろくに

食べられてません…

 

普通にきついです泣

 

みんなは規則正しい生活して

風邪ひかないように気をつけてね!!

 


 

今日のブログは

自分が

自分のため

 

また

 

自分を支えてきてくれた人のために

全力で努力できているかを

考え直せる

 

そして

 

自分がいつ努力するべきか

本気で努力するにはどうするのか

 

少しでも手助けできる

 

そんな機会になれば

と思って書きました!

 

突然ですが

今何かの理由で

 

本気で頑張れてない人

 

いませんか??

 

受験生は

最低でも1日10時間

勉強時間を確保できてるか?

低学年は

毎日登校できているか?

 

勉強を頑張れない理由は

人それぞれかもしれません

 

ただ今回は

受験生に限った話をしたいと

思います!

 

(低学年も来年同じ壁に
ぶつかるかもだから
よんでみてね!)

 

自分が頑張れない理由はなんなのか?

まず自分で考えてほしいです

思いついたかな??

例えば

 

毎日同じ繰り返しで疲れたとか

自分と志望校の距離に絶望したとか

受験のプレッシャーから目を背けているとか

 

人それぞれで違うと思います

 

でも

 

それは頑張らない

理由にはなりません!!

 

なぜなら

 

まず

受験は

自分自身のためにやっている

ということ!

もちろん大学に行かないという選択も

あるからです

 

でも一度受験をすると決めたなら

 

必ず受験当日は

誰にでも同じ日

にやってきます!

 

中途半端な気持ちで勉強するのは

ほんとにもったいないです

 

そして

 

勉強するという決断を

最後までやりきるには

周りの人の協力なしではできない

ということ

 

親も、親戚も

友だちも

学校の先生方も

そして東進生は

担任助手や社員さんも

(恩着せがましくてごめんなさい笑)

みんなに合格してもらおうと

努力しています!

 

受験を成功させるのは

自分のためだけでなく

周りの支えてくれる人のため

でもあるんですよね!

 

そんなのよく聞くよって思った人

いるかもしれません

ただこの事は事実です

 

自分の決断に責任があること

胸に刻んでほしいです!

 

そして

自分自身は頑張れてないと

思えた人へ

いつ頑張るのか!

 

今日という日は

2度とやってきません!

 

もし自分の努力が

志望校への努力に達していない

このままじゃ受からない

そう感じてしまっても

 

1日でできることが急に増えたり

受験までの日数が伸びたり

することはありえません!!

 

毎日必ず明日がやってきて

いつのまにか受験当日になっています

 

だからみんなは

今日やれることを

今日全力でやりきるしかない

 

本気でやりきるためには

いつまでになにをやりきると

具体的に決めて

明確にすることが大事です!

 

例えば

 

この問題集は夏休み中に終わらせる!

受講は7月中に終わらせよう!

 

などと決めるということです

 

そうすれば1日に

やることが明確に分かって

毎日の勉強を本気で

やりきることの

 

手助けをしてくれます!

 

ただ

努力できるかできないかは

自分次第です!

 

誰のために勉強をするのか

 

そして

今なにをするべきか

改めて考え直して

1日を全力ですごしましょう!

明日の更新は…

ふ、史朝だぁ〜

明日の更新もお楽しみに!!


 

何から始めたらいいのか
周りが勉強を始めたら
受験について全然知らない
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓
 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 8月 19日 落ち着いて考える

 

こんにちは。

古茂田です。

最近髪の毛が伸びてきたので

そろそろ切りたいと思う今日この頃です。

 

 

さて、

最近勤務していると

思うことが思うことがあります。

 

質問に来てくれる生徒が

増えたかなと思います。

主に受験生ですかね。

 

過去問演習をやっていて

疑問に思うことも増えてきてのかなと思います。

 

 

質問に答えた後、

こんなことを言う人がよくいます。

 

 

「あ、なんだ、簡単だった。」

 

 

そうなんですよね、

質問をされると

意外と難しいことよりも

簡単なこと

聞かれることが多いんです。

 

しかもその多くが、

おそらく普段ならば

あっさりと理解できるであろうことなんです。

 

簡単な、根本的なことを

見落としている

難しく考えすぎてしまっている

そんな感じです。

 

思考を難しい方向に

運びがちになってしまう

状況ですね。

 

さて、この状況、

とても厄介な状況ですね。

一度難しく考えると

更に難しく考えてしまう。

 

そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

 

 

 

一度、

そういう時は一度、

落ち着いて深呼吸をしてみましょう

そして

もう一度

その問題を見直してみましょう

 

落ち着いて、

問題を見直すことで

頭の中が

いったんリセットされます

 

そして

わからなかったことが

あっさりと解決することがあります

 

これは模試の最中などにも

有効な方法です。

時間が無くなってきて

段々焦ってくる。

 

すると、

焦ったことにより、

更にわからなくなる。

そんな時も、

もう一度

落ち着いて

考え直してみましょう。

 

 

冷静に、

落ち着いて

問題を見つめ直す。

このことを

どんな時にも

忘れないでください。

 

 

 

 

 

-----

 

明日の更新は、、、

 

もりもりもり、、、

 

 

 

 

森下!

 

最近はなんだかポケモンGOにはまっているそうです。

 

次回もお楽しみに!

 

-----

 
何から始めたらいいのか
周りが勉強を始めたら
受験について全然知らない
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
気になる方は下の画像をクリック↓↓
 

2017年 8月 18日 点数の取捨選択

どうも

二年の伊藤です。

 

夏休み真っ只中っすねー

あと一週間くらいで

8月模試です。

 

ドキドキだと思うけど

夏休みの成果をみる

いい機会なので

しっかり受験してくださいね!

 

そして

その時に意識して欲しいこと

それは

 

どこで点数を取り

どこで点数を落とすか

 

です。

 

一見普通のことなんですが

ちゃんと考えている人は

少ないのではないでしょうか。

 

特に後者の

点数を落とすなんてことを

考えている人は

少ない気がします。

 

入試というものは

満点を取らなければならないことなんて

ありません。

越えなければならない点数は

合格点です。

 

もちろん安心して受かりたい人は

合格者平均点や合格者最高点を

狙えばよいと思いますが、

どんな点数を目指すにしても

 

その点数を取るための

プランをしっかり考えてください。

 

この問題は必ず得点

しなければならないという問題。

 

この問題は落としても仕方ない問題。

 

この問題を得点できれば有利になるので

少し時間をかけてでも

落としたくない問題。

 

時間をかけるくらいなら

飛ばした方がいい問題。

 

それらを問題ごとにしっかり考え

時間の使い方から、力のかけ具合まで

全て調節して

自分の目指すべき点数を

取りに行ってください!

 

このことはセンター試験では意識していても

国立の二次試験や

私大の試験になると意識できなくなる人が

多くいるので

常に気を使ってほしいです!

 

何よりもまずは

夏休みの成果

模試で発揮できることを

期待しています!!

 

さて、気になる明日の更新者は

普通にイケメン

古茂田担任助手です!

 
お楽しみに!!
 
~~~~~~~~~
何から始めたらいいのか
周りが勉強を始めたら
受験について全然知らない
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
気になる方は下の画像をクリック↓↓
 

最新記事一覧

過去の記事