【あと少しです!!】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2021年 2月 23日 【あと少しです!!】

 

 

皆さんこんにちは!

東京工業大学生命理工学院1年熊倉源です!

 

いよいよ国立の試験が始まりますね、、、

 

今回は国立の受験生に向けて

今からでもできる

試験で意識してほしいことをお伝えします!

 

①解答用紙にその問題の方針を書く

これは主に数学についてですね

 

二次試験の数学は基本的に難しくて

自分が解けそうだと思った問題を解くだけでも

結構時間がとられてしまいますよね。

で、残り少ない時間で

まだ解法が浮かんでいない問題に挑んで

部分点を狙いに行く、

みたいな動きをするという人が

多いのではないでしょうか!?

(自分がそうでした)

 

その部分点を狙うときにぜひやってほしいのが

解答用紙にその問題の方針を書く

ということです!

 

最初は解法が浮かばないと思っていた問題でも、

手を動かしていたら

 

こうすれば解けるかもしれない

 

と思いつくことがありますよね

 

そうしたら、まずはその考えを記述して

そこから実際の解答を書いていきましょう!

 

記述式の試験はあくまでも

他人(採点官)にとってわかりやすい

解答を書くものです!

 

特に

途中で終わってしまうな~というときは

方針が無いと、

この人は何がしたかったんだろう、、

ということになってしまう

恐れがあると思います!

 

なので、

最後まで解くことができないというときは、

解答用紙に方針を書いておきましょう!

 

②自分の考えは消さない

これはどの科目にも言えることです!

 

解答用紙に解答を書く前に

問題用紙の余白に自分の考えを

書く人が多いと思いますが、

途中でこれは違うかもしれない

と方針転換をするとき、

消しゴムで消してしまう人も

いるのではないでしょうか!

 

これはおススメしません!!

 

なぜなら、

その考えが問題を解くための

ヒントになるかもしれなかったり、

そもそも元の考えで合っていた

ということがあるかもしれないからです!

 

③出来が悪かった前の科目のことは忘れる!

言い換えれば、

次以降の科目の点数をあげることをしよう

ということです

 

全ての科目が順調に進む受験生は少ないです

1,2科目は出来が悪いなと感じると思います!

 

特に、

悪いことは印象に残って集中を削ぎがちです!

 

ですが

終わったことに関して考えたところで

その科目の点数が上がるわけでもないですし、

次以降の科目の点数を上げることをした方が

合理的ですよね!

 

僕のおすすめの方法はやっぱり

知識を確認することです!

知識に穴があるかもしれませんし、

穴がなかったとしても

出来が悪かったことに

意識を向けないようにできます!

 

以上、

国立の受験生に意識してほしいことでした!

 

本番まで残り少ないですが

最後まで頑張り切りましょう!!

 

明日の更新者は、

 

中山和樹担任助手(ゴン)!!

久しぶりにゴンちゃんの本名(?)

を出した気がします、、

名前から離れている

あだ名って面白いですよね

苗字が田中なのに小林と呼ばれていた人がいて

驚いた覚えがあります

 

明日もお楽しみに!!!

 


受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓