【だいじょうぶ】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2021年 2月 6日 【だいじょうぶ】

 

こんにちは!

 

千葉大学文学部

長須賀希望です!

 

 

 

私事ですが

先日20歳の誕生日を迎えました!

 

 

校舎でお祝いしてくれた皆さん

ありがとうございます(^^)

 

 

私としては

ついに20歳になれたー!

と嬉しい気持ちでいっぱいなんですけど

実は同じ日に22歳の誕生日を迎えた

今井瑞基担任助手

あんまり嬉しそうじゃなかったです(笑)

 

年は取りたくないですね(笑)

 

 

20歳ということで

ついに大人の仲間入りなので

もう少し

落ち着きのある素敵なレディ

になれるように

頑張ります(^^;

 

 

 

さてさて

受験生の皆さんも

ついに受験本番が佳境を迎えますね

 

もう多くの人が

私大受験が始まったのでは

ないでしょうか

 

最近は毎日のように

次の日が受験の人がいます

 

そんな子をハイタッチで送り出すのも

もう2年目になりますが

何度やっても

送り出すときの

なんだかソワソワする

不安のような

自信のような

心配のような

安心しているような

そんな気持ちはなくなりません

 

応援する側のわたしが

そんな気持ちなんだから

実際に受験しに行くみんなは

色んな感情がぐちゃぐちゃになって

仕方ないんだろうなとも思います

 

 

ここからはさらに

志望度の高い大学の受験が始まり

合格発表も出始めて

これまでの人生のなかで

一番頑張ってきたことの

結果発表だからこそ

すっごく嬉しい気持ちになったり

すっごく悲しい気持ちになったり

そんな毎日を楽しいと感じたり

つらいと感じたり

するんじゃないかなと思います

 

 

わたしはすごく辛く感じていました

 

ある私立大学の受験が終わった後

自己採点をしたら

合格するかしないか

凄く微妙なラインの点数でした

 

わたしはどうしても受かりたかったので

色んな合格最低点の予想のサイトを見たり

友達にどれくらいできたか聞いてみたり

受かっているかどうかが不安すぎて

勉強が手につかなくなってしまいました

 

そんな不安を口にすると

色んな人に励ましてもらえました

 

でも人を励ますのって難しいことで

「なんていったらいいかわからないけど…」

なんて言って真面目に相談に乗ってもらうと

なんだかそのことに対して

さらに申し訳なくなってしまって

もやもやが消えない

悪循環から向けだせずにいました

 

 

そんなとき

母親に相談をすると

「これまで頑張ってきたんだから大丈夫だよ」

とさらっと言われました

 

するとなんだか

すっと心が軽くなって

ああ大丈夫かも

と思えたんです

 

 

 

この先

思うように実力を発揮できなかったり

期待してた結果が出なかったりして

抜け出せないようなネガティブな感情の穴

はまってしまうことがあるかもしれません

 

そんなとき一番最初に

再起動させるべきなのは

です

 

結局自分をネガティブから救えるのは

大丈夫だっていう

無責任だけど

なんだか背中を押されるような

そんな言葉なんですよね

 

 

どんなネガティブにはまったときも

信憑性がなくてもいいから

とにかく自分に

「だいじょうぶ」

って言い張ってください

 

そうしたら自然と

「だいじょうぶ」

がついてくるはずです

 

 

これまで頑張ってきたみんななら

だいじょうぶ!

 

 

 

最後までやりきってこい!!!!!

 

 

 

 

最後まで読んでくれて

ありがとうございました

 

 

明日の更新者は…?

 

 

大貫真輔担任助手!

 

 

おおぬきとは

結構タイプが違いすぎるけど

なんだかんだずっと

とっても尊敬している人の

1人だったりします

 

おおぬきになりたいと何度思ったことか!(笑)

 

でもそれぞれ違うからこそ

良さがありますよね~

 

 

基本ふざけてることが多いのに

真面目になるとめちゃアツい話するところ

結構好きなんよね

 

人の心を動かせる男です

 

 

私も頑張ろうと思います

 

 

 

明日はどんなブログ書いてくれるのかな!

 

お楽しみに!!!

 


受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓