【ちっちゃいロケット打ち上げてこーぜ】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 11月 8日 【ちっちゃいロケット打ち上げてこーぜ】

こんにちは!

担任助手3年の今井瑞基です!

 

昨日のせりなのブログで

考えることが大事

というブログがありましたが

 

最近僕もウミガメのスープという

ゲームにハマっています

 

ウミガメのスープとは

いわゆる水平思考クイズってやつで

 

出題者が読み上げる謎の物語に対して

回答者が

「はい」「いいえ」「関係ありません」の

いずれかで答えられる質問を繰り返すことで

状況を整理し真相を推理する形式の

クイズのことです

 

これめっちゃ考えるし答えを思いついたときの

脳汁が出る感じが半端ないです!

 

みなさんも受験が終わったらやってみてね!

では本題に入ります!

 

 

みなさんは植松努さんという方を

ご存知ですか??

 

この方は北海道で

CAMUIロケットというロケットをつくり

宇宙開発を行なっている方なのですが

 

先日僕がTEDを見ていたら

この方の講演を発見しまして

それが非常に良い内容だったので

みなさんに紹介します

 

 

 

植松さんは小さな頃から

ロケットや飛行機が大好きな少年でした

 

彼のおじいさんやおばあさんから

たくさん宇宙の話を聞いたり

 

アポロ11号が

月に行った瞬間をテレビで見たりして

影響を受けたそうです

 

そして彼の夢はいつしか

飛行機やロケットの仕事をすること

になっていました

 

そのため飛行機やロケット勉強を

幼い頃から続けていました

 

しかし中学校の先生に

あるときこう言われます

 

そんな夢みたいなこと言ってないで

勉強しなさい

 

飛行機やロケットの勉強はしていたけど

学校の勉強はしていなかったためです

 

そしてさらに中学校の先生はいいます

 

宇宙は金がかかるし

よほど頭が良くないと無理だ

諦めなさい

 

しかし納得できなかった彼は

好きなものを追いかけます

 

周りの大人たちや友達は反対し続けましたが

好きなものことを学び続けました

 

彼は紙切りが得意だったのですが

得意なことを活かした結果

技術者になり

宇宙開発ではないものの

リサイクルのマグネットを作る会社を

経営するまで成り上がりました

 

初めての会社経営でしたが

大成功からのスタート

 

しかしいい気になり

大失敗してしまいます

 

借金は2億円に

 

責任を感じた彼は

2億円の借金を返すため

一人で日本全国に行き

飛び込み営業をはじめます

 

切羽詰まっていった彼は

お金を返すために

ひどいこともするようになりました

競争相手をやっつけたり陥れたりもしました

 

やがて成長して売り上げが増え

銀行の人は褒めてくれましたが

彼の心はおかしくなっていて

誰も信用できなくなっていました

 

なにもかも合理でしか

考えられなくなってしまったのです

 

 

そんなときに

児童養護施設に

ボランティアにいく機会がありました

 

そこにいたのは親から

ひどいことをされたり

親に捨てられた子ばかり

 

始めは全然懐いてくれませんでしたが

 

一生懸命関わるうちに

帰る頃には子供たちのほうから

話しかけてくれるようになりました

 

いい仕事したなと思ってる彼のもとに

ある子が近づいてきて

自分の夢を語ってくれました

 

その子の夢は

親ともう一度暮らすことでした

 

しかし彼はなんでだろうと頭を抱えました

 

なんでひどい目に遭わされた親を

まだ愛してるんだ

なんでこんなことが起きるのだろうと

 

彼はこうも考えます

 

その子の夢を叶えることは僕にはできない

何もいい仕事なんてしていない

 

そして

 

自分はなんで人のことをやっつけてまで

お金を稼いでいるんだろう

 

とも考えるようになりました

 

考えるうちに色々なことが分からなくなり

昔の記憶が蘇ってきました

 

それは小学校で

担任の先生に言われた言葉

 

その先生は

当時ロケットや飛行機を夢みた彼に対し

お前なんかにできるわけないと

さんざん言ってきました

 

その先生は

どーせ無理

という言葉をよく使っていました

 

どーせ無理という言葉は

人の自信と可能性を奪ってしまう

最悪な言葉です

 

しかも簡単に言える言葉です

 

 

人は自信をなくすことで

 

お金で自信を買ったり

人を見下したり

他の人の努力をじゃましたりします

 

自信をなくした人は

他の人の自信を

奪ってしまうことがあるのです

 

口だけでなく暴力

時には戦争にも

発展してしまうこともあります

 

アフリカでは自信をなくした人が

人を殺してしまうことも

あるそうです

 

 

このどーせ無理という言葉の

恐ろしさを知った彼は原因を考えました

 

 

そして出た答えは宇宙でした

 

宇宙は美しいです

小さな頃に憧れる人は多いはず

 

しかし宇宙は

すごく頭がよくないといけない

お金がすごいかかる

国家事業だ

 

そう思ってる人は

たくさんいると思います

(僕もそう思ってました)

 

でもそれは

誰が教えてくれたんでしょうか?

 

それはやったことがない人です

 

やったことがない人が

やらない言い訳を教えてくれるんです

そのせいで何をしていいか

分からなくなるのです

 

そんな夢を諦める人が

いなくなるように

 

彼はどーせ無理という言葉を

この世から無くそうと

思い始めました

 

どーせ無理をなくせば

いじめや暴力、戦争が

なくなるかもしれない

 

ならどーせ無理だと思われている

宇宙開発をしてみようと思い

ロケット開発をはじめたのです

 

そして北海道大学の中田教授という

安全なロケットを研究している方と

手を組みロケット開発をしています

 

はじめは応援してくれる人は

少なかったですが

 

彼の姿勢を見る方が増え

 

今では年間1万人以上の子供達が

見学にくるようになりました

 

宇宙開発の会社は17人という

少ない人数の会社です

 

しかし彼は今でも

子供達が可能性を捨てないように

どーせ無理がなくなるように

 

新しいことに挑戦して

不可能だと思われてることに

立ち向かっています

 

 

 

 

さてみなさん

 

今どーせ無理だよって

思っていること

 

ないですか?

 

第一志望の大学

行きたい学部

将来やりたい夢

 

勉強以外にもあると思います

 

植松さんもおっしゃっていましたが

どーせ無理という考え方は

もうやめませんか?

 

自分から

可能性を捨てるなんて

もったいない

 

諦めてぐちぐちいう暇があったら

失敗してもいい

チャレンジしてほしいです

新しいこともやってみるといい

時には逃げてもいいんです

 

どーせ無理なんてこと

絶対にないんだから

 

みなさんの心の中にある

ちっちゃいロケット

打ち上げていこーぜ!

 

長かったね、、

最後まで読んでくれて

ありがとうございました!

 


明日の更新者は・・・

 

げんすけだぁぁぁぁぁ!

 

彼はですね

僕のことをバカにした結果

じゃんけんで

僕に大敗したことがあります

 

 

でもなんだかんだ

可愛い後輩です

 

3年目を続けるか迷っていたときも

深夜にラーメン屋で

熱く語ってきたのもいい思い出です

 

またラーメン食べにいきたいね!

 

そんなげんすけブログ

みんなちゃんと見るんだぞー

 

お楽しみに!


受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓