【何才】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 10月 29日 【何才】

 

はい

どうも

 

慶應義塾大学文学部一年

 

山田稜悟です

 

いやぁ、深まって

ますます悲しい気持ちが募りますね

 

冬来るな!マジで!冬!やめろ!

って感じです

 

 

 

 

昨日の児玉くんに続き、

浪人コンビの更新となります

 

りょうごとしゅんごなんですけど

親しみを込めて

児玉くんって名字に君付けで呼ぶ仲です

なんでか知らんけど

 

文才を煽られたので

頑張って更新していきたいと思います

 

 

 

 

 

そうだ、10月初の更新ということで

やttttttttttttっと大学に行けました

 

入試以来行ったことがなかったので

登校初日、早速迷子になりましたね……

 

でもちゃんとクラスメイトと友達になれたので

良かったと思います

 

 

 

あとですね、

山田、二十歳になりました

 

あttttttttttttっというまに

年齢的大人になってしまいました……

 

今日はそんな

大人」な話です

 

 

ちなみに今回のタイトルは

Base Ball Bear というバンドの

「何才」って曲から来てます

 

 

 

 

連日、

「担任助手」というテーマで

同期や上級生が様々なことを書いていて

 

とても感心したり

そんなこと考えているんだ

なんて発見もあったりしますが、

 

正直、自分には

あまり担任助手になろうと思った

動機がないのに

気づきました

 

 

いや、たしかに自分が当時提出した

担任助手仮登録の用紙に

嘘を書いたのかっていうと

それは違うんですけど

 

 

なんというか

良く言えば

 

後からいろんなことに気づいた

 

というのが大きいです

 

 

だって考えてみてくださいよ!

あの地獄浪人生みたいな奴

(知っている人は知っている)

担任助手やるなんて思わないじゃないですか

 

誰とその話をしても

ビビられていたので

まあそれはしょうがないんですが

 

 

 

そんな自分が

なぜ担任助手をやろうと、

というか「続けられている」、

もしくは

やる」という決断に踏み切れたかというと

 

 

それは、自分の人生観の一つに

経験してみないとわからない

という考え方があるからです

 

 

 

倫理学的に経験論と結びつけて

自分の感情に向き合ってみるのも

面白そうですが

それは置いておいて

 

 

 

 

漠然と

 

自分は「」というものを信じています

 

 

 

 

なにより普通に生活しているだけでも

人と人が関わって社会なわけですから

 

 

生きているだけで

大きな水の流れに乗っているような感覚

割と早い時期、

というか中学生の時くらいから

感じていました

 

 

 

 

だから、

担任の方だったり

担任助手の方だったり

勧められたというのもあるんですが

そういう関わっていく中で感じる

流れみたいなものがあって

 

なんとなく

こっち行ってみるのも悪くないかな

なんて思ったわけです

 

 

 

 

 

めちゃくちゃな理由ですが

 

自分は飽き性なとこがあるので

忙しかったり、刺激的じゃないと

つまんないんですよね

 

だから

迷ったら飛び込んでみる

っていうのが

僕の中では大きな考えとしてあります

 

 

 

 

でも

 

飛び込んでみて

多分正解だったと思います

 

 

 

 

 

自分はやりたいことがめちゃある人間なので

多分人生一周じゃ足りないんですけど

 

 

根底に

引き出しの多い大人になる

 

 

っていうのがあります

 

あれです、

マツコ・デラックスさんみたいに

なりたいんですよね

 

いろんなこと知ってて詳しくて

理性的で論理的で

でも面白いみたいな

 

だから

NetflixとAmazon PrimeとHuluで

映画観まくろうとするし

 

毎週水曜になったら

サブスクで新曲片っ端から聴くし

 

本棚にスペースないのに

月に10冊くらい漫画買うし

 

メディアの方向にも進みたいから

テレビとラジオちゃんとチェックするし

 

 

 

 

どのような人間になるにしろ、

そういう

吸収

という機会がないと

 

どうにも人間味に味わい深さが

出てこないのでは?

 

と思っています

 

 

それで

他人と関わっていく中で

その吸収したことを元に

自分で創ったり、

エピソードとして話して

 

少しでも関係した相手の何かになれたら

 

なんて考えています

 

まさに、

担任助手なんて

 

自分と生徒、

一緒に働く仲間や

社員さんや校舎長、

 

全部がコミュニケーションで

関わり合いの

流れにいるわけです

 

 

 

始めのうちは

生徒に感情移入するのもどうなのかな

なんて思ってはいたんですが、

 

皆が頑張っている姿を見せてくれるし

悩みながらも努力していたり

 

時には自分に相談や質問が来て

それを踏まえてちゃんと成長している姿、

 

どれも全部いい経験だと思っているし

今の自分の何%かに

君たちがいるわけです

 

そんな経験は他ではできなかっただろうな

そう思うとやはり担任助手をやって

正解だったな

 

そう思います

 

 

 

 

仮に担任助手をやらなかったとして

他のバイトをするのもまた

選択肢の一つではあると思います

 

ただ、担任助手というのは

他ではあまりできない

レアな体験かな

と思っています

 

なら

経験した方が

いつか何かになるかもしれない

だから

やってみようかな

 

そんくらいの気概でも

自分は全然いいんじゃないかな

 

 

なんて思う今日この頃でした!

 

 

 

 

 

あー、最後に一つ

 

タワーレコードっていうCDショップの

NO MUSIC NO LIFE」のポスター、

あれ、あるじゃないですか

 

載っているモノクロ写真の下に

アーティストからの一言があるんですが

 

 

 

星野源さんのポスターで

 

 

 

 

「音楽はね、死ぬと聴けなくなるんですよ。

今のうちだぜ」

 

 

 

 

っていうフレーズがあって

 

自分はそれがとても好きです

 

 

あっという間に過ぎていって

欲しくなった時には

もう手遅れだったり

することもありますよ

 

 

 

 

 

生き急がないと。

 

 

 

 

 

だから

別に担任助手とか興味ねーわ

って人も考え直して

元から興味ある人は尚更

今やるべきことに励んでほしい!

 

 

 

 

 

 

以上、

二十歳だから言葉の重みが違うね!

 

 

 

 

 


 

明日の更新は……

 

 

平川将史 担任助手!!!!!!!

 

今、素で

「まちゃさんて名前なんだっけ」

って呟いてました

 

ちなみにスナックルームの自己紹介の掲示で

自分の紹介をしてくれたのがまちゃさんです!

 

関わりなかったから内容が薄い!

いまだに根に持っています!

 

 

でもめちゃくちゃ尊敬しているのは

事実です

 

 

明日の更新もお楽しみに!

 

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓