【名脇役になりたい】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 5月 8日 【名脇役になりたい】

こんにちは!

 

 

津田塾大学英語英文学科

山本祐希奈です!

 

 

 

東進の同期や高校の友達の話を聞くと

オンライン授業が始まってる大学って

結構あるんですね〜

私はまだ始まっていないんですが…笑

 

 

 

そして

1年もあっという間に経ってしまい、

なんとこれが最後のブログです…

毎回どんなこと書くか悩んだんですけど

今回が一番悩みました、笑

 

大学1年生の一年間はは本当に濃いものでした

高校卒業して

大学サークル津田沼校で新たな仲間に

出会いました

大学生活で頑張りたいことも見つかり

新たなことを始めたり

たくさんのことを学びました

 

 

私自身

津田沼校で1年間過ごして

たくさんのことを学び

今まで自分が知らなかった

自分を知りました

そこで一番強く感じたことを

書こうと思います

 

 

 

東進では

それぞれの生徒に担任助手が

つきますよね

生徒がが頑張っている姿を見ると

「私もがんばらなきゃ」

って思えました

たくさんの刺激をもらいました

 

 

「少しでもみんなの力になりたい」

って

何度も思いながら

「ちゃんとできてるのかな…」

と不安になったりもしました

 

 

 

人はそれぞれの人生において

それぞれ主役です

 

津田沼校での主役は

生徒の皆さんです

 

そして自分以外はみんな脇役ですよね

 

担任助手は皆さんの

脇役です

 

どんなに頑張っても

他人の人生の主役になることは

できません

 

 

しかし

映画に例えると

主役だけでは

いい映画はできませんよね

名脇役がいるからこそ

いい映画ができると

思いませんか?

 

 

これまでの人生で

私はたくさんの人

そう、名脇役に

支えられて

ここまでやってこれました

 

自分の知らなかったこと

自分が見えていなかった部分

自分の知らなかった自分の良さ

これらを教えてくれたのは

私の人生における

たくさんの名脇役たちです

 

 

今、幸せだなあと思えるのも

主人公である私の周りに

名脇役がたくさんいたおかげです

 

 

 

 

でも、支えられてばかりの人生は

私はいやです

 

今度は自分が

誰かの名脇役になって

その人の人生を

より良いものにしたい

 

 

 

この1年間でそう思いました

 

 

 

津田沼校で私は

みんなの名脇役になることが

できたのかな

 

自信はあまりないです…笑

 

 

でも

これが私の人生の

“目標”

です

 

 

 

多くの人が

人生を振り返った時

「あの人のおかげで

素晴らしい人生を送れた」

と感じてくれるような人間に

なれるように

頑張ります

 

 

 

 

そして

1年間津田沼校で

私を支えてくれた

同期のみんな

先輩方

社員の皆さん

私を頼ってくれた生徒のみんな

素敵な名脇役に恵まれました

誰かのために頑張ることの素晴らしさを

教えてもらいました

 

 

これからは

自分が頑張ると決めたことを

一生懸命頑張ります

 

 

これからも津田沼校の皆さんを

ずっと応援しています

 

 

 

 

本当に

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

津田沼校担任助手

山本祐希奈