【幻】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 11月 10日 【幻】

 

はい

こんにちは

 

慶應義塾大学

文学部一年

 

山田稜悟

です

 

 

昨日のブログを読みましたか?

めちゃくちゃ実用的

とても素敵なブログだったので

ぜひ読んでもらいたいです!

 

そんで、

げんすけさんの紹介、嬉しいですね……

 

ちなみにげんすけさんと

「実は中学校の頃、

高校受験の学習塾で

すれ違ってたのではないか説」

が話してて分かって

なんかまた別の世界線を感じました……!

 

 

てかキラキラ慶應ボーイって煽られてんのかな?

どうなんですか?

 

 

 

はい、

というわけなんですが

 

今日は書くことが

全然決まってません!

 

 

別に書くことが決まらないまま

つらつらと文章を書くことは

苦手ではないし

このまま永遠にクッソどうでも良い話題を

続けることはできるんですが

 

 

どうしようかな、

なんかいつかのセンターの

現代文でもありましたよね

 

あー、小林秀雄の「」です確か

 

面白いこと書くなーこの人

と思いながら文章を読解してたら

 

「何を書こうか決まらないまま

書き続けてるので

まだ着地点を決めていない」

みたいな文章が

途中で出てきて

 

おい!

評論家だろ!しっかりしろ!

とツッコミを入れたのを思い出しました

 

 

そうですね、

書いているうちに思いついたので

 

運命

 

について

 

書こうかなと思います

 

 

なんで?????

 

 

漫画をめっぽう読むことで

有名……ではないですが

 

それなりに読む方の人間である自分が

最近出会ったなかで一番よかった作品が

 

水は海に向かって流れる

 

という漫画です

 

田島列島先生作で、

簡単に説明すると

 

高校への進学を機に、

主人公の直達

叔父の家に居候することになるが、

最寄の駅に迎えにきたのは

榊さんという見知らぬ大人の女性だった

 

案内された家の住人は

26歳OL榊さん

なぜかマンガ家になっていたおじさん

女装の占い師

メガネの大学教授

 

そして直達を加えて

五人での共同生活が始まるのですが

 

実は直達と榊さんにある因縁があります

 

まあ読んでくれりゃ良いんですが

勉学に励むみんなに勧めるのも

アレだと思うので、

その中から一つのセリフを

扱います

 

 

 

 

 

 

「運命って何だよ

そんなもんあったら誰も間違わないだろ

ちがう……

そんなもんあると思っているから

間違えるのか

コントロール出来ないのが怖いから

容量の大きい言葉に容れとくのか」

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですかね

 

自分はとても納得したというか

 

すごい腑に落ちて

静かな心持ちになったというか

 

 

 

運命

 

ってとても都合の良い言葉だと思うんですよね

 

 

 

そういう

スケールの大きいもの

身を委ねて

自分にはどうも出来ないって思ってしまえば

 

いやあ、

楽でしょうね

 

 

でもそれって自分が干渉できない

ものしか通用しないじゃないですか

 

例えば

 

第一志望の受験の日の

天気

気温や湿度

電車の運行状況

流れるニュースや

その日受ける赤の他人

 

に対しては

運命」が働くかもしれません

 

ただ、

自分にはどうにもできないこと

それに対して

人は運命だと

決めつけてしまったり、

そのせいで間違えてしまうこともあるけれど、

 

 

 

ただ一つ確かなことは

 

 

自分だけは変えられる

 

 

ということです

 

 

だから、

苦手教科に対して

「俺マジで……だけできないんすよ〜w」

みたいなのは

 

当人の努力不足

もしくは

やり方が間違っている

さらには、

ただ芽が出ていないだけ

の可能性も充分考えられるでしょう

 

自分もよく逃げてきてしまった人生なので

とてもわかりますが、

 

それでも

 

どこかでそういう

運命」めいたものに

打ち勝つ瞬間を

自分で

作り出さないとダメなんじゃないかな

 

そんなふうに思います

 

もちろん!

常日頃から努力している人は

最初からできていた人か

ちゃんと自分自身を見つめて

修正できてきた人なんじゃないかな、

 

あとちゃんと目標に向かって

努力できるってだけで

めちゃくちゃ強いわけですよ

 

 

この時期になると

受験生も低学年も

自分の天井を決め始めてしまったり

努力できない自分が嫌になったりする

と思ったので

こんな感じのことを

書かせてもらいました

 

 

 

終わった後に

その選択が正解だったかどうかは

割と分かりますが

それらに関係した要因が

運命」だったか

偶然」だったかは

多分一生わからないでしょうね

 

 

 

そんなことを考えたりして

今日はおしまいです!

 

ちょっとでもこの記事のどこかで

誰かの心が救われろ!

って思います

 

 

思ったより

ずっと抽象的になってしまった!

 

 

以上でーす

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 


 

明日の更新は……

 

 

平川将史担任助手!!!!

 

また紹介してますね!

 

もう書くことないです、

この前も模試監督が一緒でしたね

 

何なら最近よく校舎で会いますね

 

どんなブログを書いてくれるんでしょうか!

 

明日もお楽しみに!!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓