【役者不足】 | 東進ハイスクール 津田沼校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2021年 10月 27日 【役者不足】

こんにちはこんばんは

おはようございます

10月2回目の更新です。

ゴンちゃんです。

 

前日更新のかおりんとは

結構な頻度で勤務が被ります。

同期として尊敬しているので

そんな風に評してもらえるのは、

素直に嬉しいですね。

 

先輩は言わずもがな、

担任助手を務めている人は

同期であれ後輩であれ

僕は全員を

人間として尊敬しています。

 

詳しい事はまた後ほど…

 

さて、本日の話題は

担任助手という事で。

2年目を続けた理由を中心に

書いていこうかなと思います。

 

とは言え、それを語るには

少し遡らないといけないもので…

まずは1年目を始めた直後の

話からしていこうかなと思います。

 

恥ずかしい話、

僕が担任助手になりたての頃

僕は自分自身を

どこか特別視していました。

 

担任助手はある意味、

特別な仕事です。

受験生の1番近くで

彼らを教え、導く。

 

そんな担任助手の一員となれた

自分を誇らしく思いました。

 

でも、

その内に気付きました。

僕では役者不足だと。

 

他の担任助手がしっかりと

役目を果たす一方で、

自分だけが出来ずにおいて行かれて

皆に迷惑をかけている、

そんな感覚に陥りました。

 

結局、自分の中では

何も成し遂げられないまま

時が過ぎていきました。

 

そして、一年目が終わり、

続けるか、終える

の選択の時期が来ました。

 

最後まで悩みました。

自分に続ける資格があるのか、とか

大仰な事まで考えました。

というか、その点で考えるなら、

僕は最後まで「役者不足」なので

終わるのが正解だったのかも知れません。

 

それでも、続けることを選びました。

我ながら、身勝手な選択だと思ってます。

 

この選択に、誰かのため、なんていう

善意や献身はありません。

持てる余裕がありません。

 

むしろ逆です。

同期や後輩たち、

そして津田沼校に通う皆。

すげぇ奴」に囲まれる事で

少しでも成長したいと思いました。

 

そして同時に、

一年間、こんなすごい環境にいれたのに

何も成し遂げられなかった自分を

改めて「役者不足」だと感じました。

 

そんな中で始めた「泣きの一年」も

もう半分が過ぎてしまいました。

 

この半年で変われたかと言われれば、

正直自信はありません。

でも、もし一年で辞めていたら、

今頃はさらに悪い状況に

なっていただろうと

断言できます。

 

 

教え導く存在としてはもちろん、

支え共に成長する存在としても

自分は役者不足です。

 

頼りない担任助手でごめんなさい。

不甲斐ない同僚でごめんなさい。

 

 

それでも、僕は変わることを

諦めたくない。

それでも、僕は皆さんと共に

成長していきたい。

 

 

それが、続けた理由です。

 

 

 

そして、担任助手をやるか

迷っている皆さん。

 

担任助手になる事で

様々な特長を持った、

すげぇ奴」と出会う事が出来ます。

それに、

気付いていないだけで、

皆さん自身も、十分過ぎるくらい

すげぇ奴」です。

 

皆さんなら、

役者不足」どころか、

役不足」になると思いますよ。

 

悩むくらいなら、

是非一歩踏み出してみて下さい。

 

今日はここまで!

またお会いしましょう!

 

 

明日の更新者は~

畑 菜摘 担任助手!!

 

2年生が随分続きますね~

これで4連続かな?

 

菜摘は僕にはない情熱を持っていて、

物事に全力で取り組んでいける人です。

もちろん、尊敬しています。

 

彼女は僕と異なり、

早い段階から続けることを

決めていたような気がします。

一体どんな気持ちで

2年目に臨んだのか、

気になりますね。

 

明日もお楽しみに!

 


今年度受験生の合格者を掲載しています!

是非クリックしてみて下さい!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓