【思い込みで学力UP】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 9月 7日 【思い込みで学力UP】

 

こんにちは!

 

ついに明日の更新者の写真が

 

変顔から

 

そこそこイケてる写真に変わり

 

すごく機嫌が良い

 

慶應義塾大学商学部2年の

 

鈴木健世です!

 

皆さん見ました???

 

前回の変顔写真とは

 

比べ物にならないくらい

 

良い顔をしてますね!笑

 

ぜひ僕のファンが増えることを期待しています笑

 

 

前回のブログでせりなが

 

すごく僕のことを誉めてくれていましたが

 

普段はすごく適当にあしらわれています。。

 

最近は思ったより変な子だなってすごく思ってます笑

 

 

 

さてさて皆さん

 

充実した夏休みを

 

送れましたか?

 

もちろん勉強面でですよ!笑

 

大学に合格したら

 

ぜひ勉強以外の様々な面で

 

充実した夏休みを過ごしてほしいですね!

 

(ちなみに僕は9月20日くらいまで夏休みです笑)

 

多くの人は

 

勉強量という観点からは

 

充実した夏休みを送れたと思いますが

 

全員が模試の点数で

 

満足いってないと思います

 

僕も現役時代の8月模試で

 

英語の点数が大幅に下がり

 

数日間落ち込んだことを覚えています

 

基本的に受験期の僕は

 

人の話を聞かずネガティブだったので

 

ほかの模試でも基本的にネガティブになってました

 

この時の僕としては

 

いっぱいいっぱいで気持ちが

 

疲弊していたことも

 

あるとは思いますが

 

いま、客観的に考えると

 

ものすごくもったいないなと思います

 

それは落ち込んでいる時間が

 

もったいないという意味ではなく

 

落ち込んで自分を

できない奴と認識することで

自分の学力が

下がっているということです

 

 

 

ある実験のなかで

 

世界的に数学が得意だという

 

考えが持たれている

 

アジア系の人たちを

 

2つのグループに分け

 

数学のテストを実施しました

 

試験の前にのグループは

 

人種のチェック欄をチェックさせたグループ

 

のグループは

 

試験の前に

 

人種とは関係のない

 

チェック欄をチェックさせたグループです

 

これらのグループの試験結果を見ると

 

のグループの方が得点が

 

高かったそうです

 

この実験から

 

数学は思い込みによって

 

得意不得意が決まるし

 

さらに大きく考えると

 

思い込みだけで

自分の学力はある程度左右されてしまう

 

ということも言えるのではないかと

 

思います

 

だから落ち込んで

 

自分は勉強ができないと卑屈になると

 

その状態で受けた試験結果は

 

自分はできると信じている方より

 

得点が低くなるであろうことは

 

予想できますね

 

だからこそ

 

なんの根拠がなくても

 

自信を持っている方が

 

自分の精神的にもきつくないし

 

実際に得点も

上がりやすいのかなと思います

 

余談ですが

 

勉強だけに限らず

 

色んな事に根拠のない自身は

 

持っておくべきだなと思います!

 

人生における選択が消極的な選択であったり

 

常に自分に自信がなさそうにしているのは

 

自分にとっても周りの人にも

 

良い影響はないと思います

 

だからぜひ自分に自信をもって

 

努力し続けてほしいなと

 

思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の更新者は・・・

 

 

 

まこ!!!

 

完全に昨日の紹介での僕の写真と

 

角度が同じですね!笑

 

やはりこの角度はだれでも盛れる

 

角度ということですね・・・

 

まこは頭の回転が速く

仕事ができる女ですが

 

それだけじゃなく

 

しっかり生徒のことを見て

 

生徒思いだなーとも

 

おもってます!

 

 

明日の更新もお楽しみに!

 

 

 

受験について全然知らない……

 

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

 

お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓