【楽天家であれ】 | 東進ハイスクール 津田沼校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2021年 11月 11日 【楽天家であれ】

はーい、こんにちは!

早稲田大学法学部2年

中山 和樹

と申します!

 

この前野生のタヌキを見ました。

なんか興奮しました。

 

昨日まで

担任助手」がテーマのブログが

ずぅっと続いていて、

担任助手を始めたきっかけとか、

続けた理由とか、

やる意義とか、

めちゃくちゃ感動する事を

書き連ねてくれていたんですけど…

 

 

本日テーマブログ明け一発目

 

ネタがない、うん。

 

通学電車に揺られながら、

30分ほど考えていたのですが、

そういや最近全統あったなぁと

思い至ったので、

それについての話でも

しようかなと思います。

 

さて、高3生にとっては

残り2回しかなかった

共通テスト本番レベル模試も、

既に半分が終わってしまった

訳ですが、

皆さんは今回の結果をどの様に

受け止めているでしょうか?

そして、

結果に満足しているでしょうか?

 

順当に点数が伸びた人もいれば、

一部が伸び悩んだ人、

科目によっては下がってしまった人、

全体的に泣かず飛ばずの人、

色々いると思います。

 

そして、ほとんどの人は、

多かれ少なかれ、

思い通りに行かなかった部分や、

点数を下げてしまった事に対して、

嫌だと感じると思います。

 

もちろん、

その気持ちはよく分かります。

 

上手くいかないのは苦しいですし、

この重要な時期に

結果が出てくれない事は、

とてつもない不安や、

焦りを生むでしょう。

 

しかし、だからと言って

自己嫌悪に陥ってしまったり、

諦めてしまうのは、

まだ早計だと僕は思います。

 

模試というものは

必ずしも思うようには行きません。

問題との相性が悪かったり、

集中が切れてしまったり、

マークミスに気付けなかったり。

 

とは言え、

そこで結果が出なかったから、

一切成長出来ていない、

なんて事は無いのです。

 

皆さんが自分に嘘偽りなく、

今まで全力で過ごしてきた

と言えるなら、

今回に関しては、

たまたま“結果が出ず、

たまたま“成績が上がらなかった

だけの事です。

 

それで全てを諦めてしまうなら、

勿体ないとしか

言いようがありません。

 

少し自分語りをさせてもらうと、

自分の模試の成績が振るわなかったり、

つまらないミスをして悩んでいると、

父が決まって、

本番じゃなくてよかったな

本番に繰り返さなきゃいいだけだ

とフォローしてくれました。

 

とても呑気で楽天的な考え方ですが、

本質を得ている言葉だと思います。

 

模試の結果がどんなに

良かろうが悪かろうが、

その点数を本番に持ってくる事は

出来ません。

 

結局、本番は自分自身の力で

1月に一発勝負するしかないんです。

だからこそ、過度に悲観的になって、

諦める事をして欲しくない。

 

もちろん、自分を過大評価したり、

根拠のない自信を持て、

というつもりはありません。

 

ただ、簡単に諦めて、

今までの努力を無駄にして欲しくない。

だから、少しくらいは

楽天家でいて欲しい。

それが今日伝えたかった事です。

 

本日はここまで。

またお会いしましょう!

 

 

 

 

明日の更新者は〜

 

諸星 飛希 担任助手!

 

よっ、我らがリーダー!

なんてね(笑)

 

飛希は校舎一と言えるくらい

情熱的で、

常に皆をリードしてくれる存在です。

マジで助かってます。

 

無論、生徒に対する熱量も凄まじく

その姿勢は参考にさせてもらってます。

 

自分を律するのが苦手、という子は、

彼に相談してみてはいかがでしょうか。

ビシバシ鍛えてくれますよ、多分。

 

さて、そんな彼は

何を語るのか!?

明日も必見だなぁ、オイ!

 

 

 

 

今年度受験生の合格者を掲載しています!

是非クリックしてみて下さい!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓