【自分に合ったものを見つける】 | 東進ハイスクール 津田沼校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 4月 21日 【自分に合ったものを見つける】

 

 

はじめまして!

 

今年度から新しく担任助手になった

 

千葉大学

 

医学部医学科

 

佐久間生です!

 

 

 

今まで初対面で怖がられることが多かったので

 

昨日のブログを書いてくれた

 

三島君に優しそうと言われたのは嬉しいですね!

 

 

 

 

まず始めに

 

初ブログなので

 

軽く自己紹介させてください!

 

出身高校は船橋東高校

 

部活はバドミントン部でした!

 

趣味は音楽を聴くことで

 

宇多田ヒカル、東京事変とかが好きですね〜

 

一緒だぜって人は是非声をかけてみてください!

 

 

 

 

 

さて、本題に入りますが、

 

今日は『復習の仕方』について

 

話したいと思います

 

なんで今日これについて話すかというと

 

これは僕が受験生の時に結構悩んだことなので

 

少しでも似たような境遇の人に刺さればいいなと思ったからですね

 

 

 

 

 

自分は東進に2年生の夏から入って

 

物理と化学を2年生の1月あたりから始めて

 

3年生の4月あたりに物化を

 

共通テストレベルまで進めたのですが

(これが早いか遅いかはさておき)

 

そのときに一番苦労したのが

 

『復習の仕方』

 

でした

 

 

 

 

物化を勉強し始めた最初は

 

1講義が終わるたびにすごい長い時間を復習に割いて

 

全部1周目で覚えてやる

 

って意気込んでたんですが

 

どんなに忘却曲線とかの話を

 

参考にして復習しても

 

忘れてしまうんですよね

 

 

 

だから自分は

 

一通り一周を早めに終わらせて

 

2周目3周目に時間をかけよう

 

というふうに

 

勉強方針を変えてみることにしました

 

 

 

 

その方法を始めたのは

 

1月の終わりくらいで

 

正直1周目を終えた段階では

 

内容を覚えてる自信がなかったので

 

不安しかなかったで

 

 

 

 

でも、2周目に取り掛かるときに

 

テキストの情報の

 

重要度や濃淡がある程度掴めて

 

復習を重点的にすべきところが

 

わかってくるようになり

 

復習効率があがっていった気がします

 

これは、1周したことで

 

この分野は後のこの部分の話につながるな

 

とかを少しでも把握できているからなのかなぁ

 

と個人的には思ってます

 

 

 

 

 

この話を通じて

 

自分が伝えたいのは

 

復習に悩んでるならこういう復習をしろ!

 

ってことではなくて

 

やり方を試行錯誤してみても良いんじゃない?

 

っていうことです

 

 

 

 

長い時間、結果の出ないやり方に

 

意固地になってしまうのって

 

すごい無駄なんですよね

 

でも人間って自分の時間をかけたものを

 

無駄だと思いたくないから

 

執着して固執し続けてしまいます

(自分もそういうタイプだったと思う、、、)

 

 

 

 

 

だから復習で悩んでいるんだったら

 

出来るだけ短期間である1つの復習法を試してみて

 

ダメだったら次の方法を

 

試行してみるっていう

 

「復習方法の模索」をやってみると

 

自分なりの正解が

 

見つけやすくなるんじゃないかなって

 

思うんです!

 

 

 

でも、受験生と2年生や1年生の

 

『短期間』の尺度って

 

絶対に違う

 

と思うので

 

そこのあたりは自分のスケジュールと

 

相談して考えてみてください!

 

 

 

 

長く書きましたが

 

最後まで読んでいただき

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

次回の更新者は、、、

 

 

 

 

竹田 日向子担任助手です!!!

 

直接話したことはないのですが

 

フレンドリーでとっつきやすそうなので

 

今度あったら話せたら良いですね〜

 

 

 

そんな彼女の初ブログ

 

ぜひご覧ください!

 

 

 

 

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓