【塵を土のうに変える】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 5月 13日 【塵を土のうに変える】

 

初めまして!

新しく担任助手になりました

早稲田大学 教育学部 教育学科 一年生

諸星 飛希
モロホシ アスキ
です。

まだコロナウイルスの影響でちゃんとした大学生活が始まっていないので早稲田大学の〜と名乗るのには違和感がありますね

初めてのブログなので

軽く自己紹介をさせて貰います!

高校 津田沼高校

部活 サッカー部

趣味 キャンプ、旅行、ライブにいくこと、ダーツ

軽くですがこんな感じです!

前のブログでも紹介してもらっている通り

よく初対面のイメージが怖かったと言われることが多いですが、

人間、話してみないと分からないと思うので

ぜひ気軽にどんなことでも声をかけてくれると嬉しいです!

 

 

さて、今回僕は

志望校合格に向けて勉強を頑張っている全ての人

努力

何倍も効率よく

結果に結びつける方法

についてどうしても今の時期に伝えておきたいので、受験生にとって参考になればと思い、このブログを通して皆さんに伝えていきたいと思います!

どんな方法か気になりますよね?

それは、

『計画、実践、反省、分析』

のサイクルを
効率良く、質を高く毎日こなしていくことです!

どういうことなのか詳しく掘り下げていくと、

計画

 

これはまず、常に自分が

志望校合格

というゴールに対してどの位置に立っているのかを模試の結果、自分の勉強状況から把握し、

ゴールするために必要な勉強ややるべき事はどのようなことなのか、どのくらいの量なのかを考え、

それをクリアするためにはどのような日程で、どのようなやり方でやることが

自分にとってベストなのか考え、

受験当日、半年先、1ヶ月先、1週間先、1日先、1時間先の自分を見据えて

全てを計画

していくことです!

この計画の

を上げるためにはたくさんの情報知識客観的データ客観的アドバイス等も必要となってきます。

正直言ってこれをカンペキに計画するのはかなり難しいです

計画通りにことを運ぶのも簡単ではないかもしれません。

ですが、

自分を一番理解しているのはあなた自身です!

もちろん私たち担任助手も計画のアドバイスなどはできます

しかし、今これを読んでいるあなたしか

自分にとっての最良の受験計画はできません。

この計画は自分の頭の中でいつでも出来ます

僕が受験生の時は常にゴールを意識して、現状から判断し必要なものを考え、計画し続けました

意識の問題です!

常に先を見て、

今の自分の状況から

なりたい未来の自分になるために

必要なものとは何かを考え続けること

がこの段階では大切です!

 

目の前のことにがむしゃらに取り組むだけでなく、

自分と向き合い、自分がなぜこの勉強をしているのか、

志望校合格のための最良の勉強が出来ているのか考え続けて勉強する

ことによって

本当にやるべきことが明確になり、志望校合格に近づくスピードは格段にはやくなります!

 

実践

先ほども言いましたが計画通りに行かないことも多いです、

しかし、この実践は継続し続けてください

実践とは具体的に、

受講、参考書を読む(インプット)
テスト、問題を解く(アウトプット)

のことです。

この

実践の量

計画の質

比例します!

をこなすことによって
人は学びます、経験をします

そこから考え、計画に反映することによって計画の質は向上します。

なので

この実践は必ず止めずにやり続けてください、

その実践の中で気づき、計画し直し、また実践してください。

 

反省

まず最初に大切なことを言います

反省して出てくるのはのは 悪かったこと 失敗したこと だけではないです

良かったこと 成功したこと も出してください!

反省とは次の ④分析 の下準備です

長い目で見れば 自分の今までの勉強

短い目で見れば 1つの模試、1つの小テスト

これらを常に反省してください

反省するために必要なものは


・自分の勉強を『考えて』取り組むこと
結果

 

です。

自分が前回の結果から『考えて

改善修正を加えた方法や量で

今回の結果にどう結びついたのか

何が成功したのか、失敗したのか、

を洗い出してピックアップすることが

反省 です。

僕の場合は反省した時は何かに絶対に書き残すようにしてました。④分析 の時に役に立つからです

分析

これがとても大事です!

ここが出来るか出来ないがで大きく差がつくと僕自身の経験から思いました。

実際この部分を深く掘り下げるようになってから、勉強の質も上がり、成績の上がりもかなり良くなりました!

これは簡単に言うと

現状の原因を見つけて、それをより改善し志望校合格に近づくためには何をすべきなのか発見すること

です!

③の反省したものを分析します

例えば

過去問や模試の英語の問題の点数が取れない

原因の推測をします

文法の理解は足りているか
最低限必要なレベルの知識は足りているのか
この問題が求めている知識が何か理解しているか
自分に合った解法で解けているか

原因を見つけたら改善するために必要なことを考えます

暗記をしていただけで文法の理解が足りていなかったから
英文法の基礎を復習しこの1週間でもう一度確認しよう

簡単にはこんな具合です、人によって違う部分があるので少し抽象的ですが、

自分に当てはめてより具体的に分析していくといいと思います。

簡単なことのように見えますが、

この分析によって、勉強の効率大きく変わるので、疎かにしてはいけません!

最初の方は時間かけてでも深く自分のやっていること、自分自身を分析することをお勧めします!

 

この
計画、実践、反省、分析

のサイクルを

受験当日までにいかにを上げ

繰り返すことが出来るか

 

こそが受験勉強だと僕は考えています!

 

志望校合格に向けて

効率よく努力するには確実に必要となるサイクルなので

これを理解している人と

理解せず、ただがむしゃらに努力をしている人とでは、

最初は小さな差ですが、

何回も繰り返すことによって、

少しの努力で生まれる
少しの勉強方法の質の差でも

最終的にはかなり大きな差となります!

『塵も積もれば山となる』とことわざがあります

ここでは、

何も考えずに積む1日1日の努力を塵に例えます

受験には制限時間があります

なので塵を積んでも塵の山です

それなら

塵を積むより、

少し考える努力をしてみて

ここで勉強方法の質を上げていき

出来るだけ早く

土のうを積む毎日にしましょう

もちろん

出来上がる山の大きさも大きく変わりますよね?

みなさんは今、

土のうに変えるチャンスがあります!

 

なのでこのサイクルの質を上げることには

今!

この時期から、こだわって取り組んで欲しいです。

 

 

以上

長くなって読みづらいブログだったかもしれませんが

ひとつの経験として皆さんに受け取ってもらい、役に立ててくれれば幸いです

今!

頑張れば明日はそれ以上頑張れます

日々、自分をアップデートして
受験勉強に取り組むことが大切です

ここまで読んでくれた方、

受験生の貴重な時間を割いてくれて

ありがとうございました!

 

明日の更新者は・・・

 

増田 綸 担任助手

僕は増田担任助手とは

同じ高校、同じクラス、同じ東進で
よく一緒に遊ぶので

3年間かなりの時間一緒にいましたが

1周まわって りんくん呼びしてます

意外とかなりのおしゃべりなので

是非皆さんも気軽にりんくんって呼んで話しかけてあげてください

りんくんは初ブログに

どんなことを書くのか気になります

 

 


 

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓