【誰も教えてくれないから】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 11月 7日 【誰も教えてくれないから】

 

こんにちは!

千葉大学

教育学部

乳幼児教育コース

1年

新原聖理菜です!

昨日の紹介で

中山和樹担任助手に褒められた(?)ので

とても嬉しいです!

字の変換が面倒なのは

多分私が1番理解してます!

 

ところで!

最近一気に寒くなりましたね〜!

この時期に体調崩す人多くなってくるので

体調管理しっかりして乗り越えましょう!

 

さてさて!!

最初にも書いてあるとおり

私は乳幼児教育コースに所属していて

そこで保育に関することを

たくさん学んでいるのですが

その中で自分で読みたい絵本を選んで

みんなが発表するっていう企画(?)があって

そこで知った絵本を

今回は紹介したいと思います!

 

それは

ヨシタケシンスケさんの

なんだろうなんだろう

という絵本です

本の題名のとおり

色々なことになんだろうって

問いかけていくという内容です

 

なんでこの本を紹介したかというと

この本を読んで

考えることって本当に本当に大事だな〜!

って再確認させられたからです

 

私は結構固定概念にとらわれている人間で

色々なことを

みんなが言ってることだから正しい!

みたいに判断していました

 

でもそれって

すっごく窮屈つまらないことだったな

ってこの本を読んで感じました

 

この本に

しあわせってなんだろう

という項目があります

みなさんにとってのしあわせはなんですか?

少し考えてみてください

 

 

 

 

 

どうですか?

考えられましたか?

この本を読むまで私にとってのしあわせ

将来、安定して生活できること

みたいなことでした

無謀なことに挑戦するなんてありえない!

くらいに思っていました

 

でも全然そんなことありませんでした

 

この間中学の時の友達と会った時に

みんなが自分のやりたいことに向かって

精一杯に努力している話を聞いて

 

私のしあわせって

薄っぺらかったな

ってすごく感じました

 

いろんな人に

将来安定した仕事につきなさい

と言われていて

そのことが気づいたら

私のしあわせ

として存在してしまっていたことに

気がつきました

 

私は知らないうちに

自分で考えることをやめていたみたいです

 

絵本の最後に

考えることマラソンは一緒

最初は大変だけど

練習を積み重ねればできるようになる

っていうことが書いてありました

 

考えるのって大変だし

どうすれば良いのか

わからなくなってしまう時もあると思います

人に言われたとおりに行動するほうが

かもしれません

 

考えなければ

これからも考えることはできません

 

みなさんもこれから

さまざまなことを考える(考えさせられる)こと

があると思います

近くでいうと受験する大学や

将来の夢とかですかね

 

その時にしっかりと

自分で

考え抜いて欲しいです

 

なんとなくだったり

 

みんながそうだからだったり

 

そんな考え方はもう捨てちゃいませんか?

 

自分が考え抜いたことは

自分にしかない強み

になるはずです

 

周りではなく自分がどうしたいのか

もう1度考えてみて欲しいなって思います

 

 

つらつら書いてしまって

私自身なんの話?

ってなってしまったのですが

 

結局自分で考えないといけない!

ってことが言いたかったんだと思います

 

私も自分の考えを持てるように

トレーニングしていきます!!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました☺︎

 

さて!明日の更新者は、、、

 

 

今井瑞基担任助手です!

 

生徒の時はみずきさんって

感情だけで生きてそうだなって

思ってたんですけど

担任助手として関わってみると

すごく深く色々なことを考えていて

いいな〜って思います

 

そんなみずきさんはどんなブログを書くのでしょうか!!

 

明日も必見です!!

 

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓