【1年ぶりのブログ 自分から見た担任助手とは】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 10月 27日 【1年ぶりのブログ 自分から見た担任助手とは】

 

さて、こんにちは!

 

 

津田沼校社員の日比野です

 

 

 

 

 

普段高校生の生徒の皆さんや

 

 

 

担任助手の皆さんと話をしていると

 

 

 

自分の高校時代のことを

 

 

 

思い出す機会が多いんですよ

 

 

 

そこで1ヶ月ほど前になりますが

 

 

 

ふと思い立って自分の母校の高校に

 

 

 

 

現況報告という名目上

 

 

 

挨拶に行きました

 

(特に深い意味はなかったです)

 

 

 

 

先生というのは本当にすごいですね

 

 

なんと覚えていました

 

 

自分のことを

 

 

 

8年近く会っていなかった

 

 

 

一生徒だった自分のことを

 

 

 

こちらから声をかける前に気付いてくれましたよ

 

 

 

 

素直にうれしかったですし

 

 

そういった人間になっていきたいと

 

 

 

改めて思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

普段は担任助手のみんなが

 

 

 

とてもためになる

 

 

 

 

想いが詰まったブログを書いてくれていますが

 

 

 

 

今日は1年ぶりに

 

 

 

 

自分もブログを書いてみたいと思います

 

 

 

 

 

前回ブログを書いたのは

 

 

 

 

 

去年の7月くらいでしたね

 

 

 

 

あれからもう1年以上経っていたとは…

 

 

 

 

 

時の流れの速さを実感しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回書く内容ですが

 

 

 

 

いろいろ悩みましたが

 

 

 

 

ついこの間まで「担任助手」がテーマだったので

 

 

 

 

 

自分も

 

「日比野から見た担任助手」

 

 

 

 

についてお話していきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

東進ハイスクール津田沼校で働き始めて

 

 

 

 

1年と半年

 

 

 

 

改めて

 

 

「社員」

 

 

という立場からみた担任助手は

 

 

 

 

「最高のパートナーであり、

 

 

夢を与えてくれる存在」

 

 

 

 

であると強く感じています

 

 

 

 

理由は数えきれないくらいありますが

 

 

 

 

やはり

 

「同じ夢と目標を持って

 

本気で取り組んでいるチーム」

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

そう感じるのだと思います

 

 

 

 

例えば

 

 

 

東進の担任助手の仕事は

 

 

 

一般的な大学生のアルバイトがする仕事の

 

 

 

 

遥か上のレベルの質と量が求められてきます

 

 

 

 

ここら辺の話は

 

 

これまでの担任助手のブログでも

 

 

触れられていたと思います

 

 

 

 

 

自分は

 

 

 

「一般的な大学生のアルバイト」

 

 

 

 

を経験していたからこそ

 

 

 

 

新入社員として配属され

 

 

 

初めて担任助手の仕事ぶりを見たとき

 

 

 

 

とても驚愕しました

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

それだけのレベルの質と量を求めるのには

 

 

 

 

 

やはり理由があります

 

 

 

 

それはやはり

 

 

 

生徒を第一志望校に合格させて

 

 

 

受験を通して

 

 

 

独立自尊の社会・世界に貢献する人財

 

 

 

 

として成長してもらうためです

 

 

 

 

 

 

そしてそれを達成するためには

 

 

 

同じように東進で

 

 

 

 

 

汗と涙を流し

 

 

 

 

誰よりも努力した経験を持っている

 

 

 

 

担任助手でないといけないのです

 

 

 

 

受験のプロである社員や

(自分で言うのもなんですが)

 

 

 

 

映像授業の一流講師の先生たちだけでは

 

 

 

 

この目標は決して達成することはできないでしょう

 

 

 

 

 

 

同じ経験・立場・熱量を持っているからこそ

 

 

 

 

生徒の皆さんに寄り添うことができる

 

 

 

 

それが

 

 

 

 

 

自分が最も信頼する

 

 

 

 

東進の担任助手」

です

 

 

 

 

 

 

また

 

 

 

日比野自身

 

 

 

 

この1年半で多くのことを担任助手から学び

 

 

 

 

そして成長してきたと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

西田担任助手からは

 

 

生徒を導くことのそもそもの意義を

 

 

 

 

 

廣居担任助手・大道担任助手からは

 

 

 

リーダーとしての責任と

 

生徒に対する熱い想いを

 

 

 

 

 

自分と同じ2年目になる

 

 

児玉担任助手・平川担任助手

 

 

宮嶋担任助手・中村担任助手

 

 

古茂田担任助手・金子担任助手からは

 

 

 

去年1年間の経験を踏まえて

 

 

 

 

より良い校舎にしていくための考えや

 

 

 

生徒はもちろん

 

 

1年生担任助手に対する

 

指導の想いを

 

 

 

 

 

そして1年生担任助手のみんなからは

 

 

 

生徒や校舎への本気の想いと

 

 

これからの成長の可能性を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分はこの1年半で担任助手のみんなから

 

 

 

 

多くのことを学び

 

 

 

 

感じてきました

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

日比野自身も多くのことを

 

 

 

 

担任助手のみんなに

 

 

 

 

生徒に

 

 

 

 

そして

 

 

東進ハイスクール津田沼校に

 

 

 

関わりを持った

 

 

 

 

 

すべての人に対して

 

 

 

 

与えていきたいと思い

 

 

 

 

 

毎日頑張っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかというと内輪的な内容の話

 

 

になってしまいましたが

 

 

 

 

 

津田沼校のすべてのスタッフは

 

 

 

 

いつも全力で

 

 

みんなのことを考えている

 

 

 

 

ということが伝わってくれればいいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

 

 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日の更新者は

 

 

 

 

 

生徒時代は「静かでおとなしい子だなー」

 

 

と思っていたけれども

 

 

 

 

 

担任助手になって接してみたら意外とお転婆で

 

 

 

 

 

最初は結構困惑して接していた

 

 

 

 

 

石森ひなた担任助手です

 

 

 

 

素直で良い子だとは思うよ、多分

 

————————————————————

11月26日(月)に

板野博行先生の 

公開授業が開催されます!

現代文が苦手な人はもちろん

受験で現代文を使う高校2年生も

まだ進路が決まっていない高校1年生も

参加できます!

参加費は無料です!!

対象は高校2年生以下です!

↓↓↓気になる人は下をクリックしてね!↓↓↓

 


 

 

何から始めたらいいのかさっぱり…

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意 
お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓