【Let’s take notes!!! 〜ノートをとるべきか迷ってる人はこのブログを読もう!〜】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 3月 29日 【Let’s take notes!!! 〜ノートをとるべきか迷ってる人はこのブログを読もう!〜】

 

 

どーもこんにちは^ ^

 

もう2年生が終わることの衝撃で

 

ぶっ倒れてしまいそうな

 

千葉大学工学部2

 

木下開です!

 

 

明々後日から3年生ですね!

 

ヤバイ!!!!

 

大学始まるの延期したらしいですけど!

 

 

 

ちなみに速水に自己紹介したことは

全く覚えておりません。笑

 

 

 

 

さてさて

 

本日のタイトル

 

Let’s take notes!!!

 

和訳すると

 

ノートをとろう!!!

 

 

(メモをとるはtake a note!!!

ノートはメモの複数形⁈)

 

 

ノートをとるの「とる」の漢字は

 

「取る」でいいようですね!

 

でも調べてみたら

 

ひらがな推奨だったので

 

今回はひらがなで書きます笑

 

 

 

 

そんなことはさておき皆さん!

 

ノートとってますか?

 

 

一部の人は知ってるかもしれないですが

 

僕はノート大好き人間です

 

 

我ながら

 

綺麗なノートをとってきたと思ってます

 

(高校の時も

先生にこのノート売れるよと言われました笑笑)

 

 

そんなんなのでよく聞かれるんです

 

 

ノートってとった方がいいですか?

 

 

人には向き不向きがあるので

 

一概に答えは出せないですが

 

僕はとるべきだと思ってます

 

 

 

 

てことで

 

今回はノートをとる

 

メリットとデメリットを述べていくので

 

ノートをとるべきか迷ってる人は

 

是非参考にしてください!

 

 

それでは!

 

 

 

 

まず初めに

 

勘違いして欲しくないことを

 

述べておきます

 

 

ノートをとるという行為

 

黒板を写すという行為

 

全く同義というわけではありません!

 

 

個人的な意見ですが

 

ノートをとる

 

という行為の定義は

 

 

先生の言っていることを理解しつつ

 

その内容を噛み砕いて

 

自分なりにまとめること

 

 

だと考えています

 

 

そのまとめ自体を先生がやってくれていて

 

それを黒板に書いてくれているから

 

黒板を写すという行為があるわけで

 

何も考えずに

 

とりあえず書いてあることを写しておこう

 

という行動は無価値だと思います

 

 

なぜなら

 

授業というのは

 

板書と先生の説明が揃って

 

初めて成り立つものだからです

 

もちろん

 

黒板を写すという行為は否定しませんし

 

現に僕もやっていました

 

 

大切なのは

 

板書と先生の説明を合わせて

 

ノートにまとめていくこと

 

です

 

 

これらは前提として話していきます!

 

 

 

ノートをとるメリット①

 

頭の中を整理することができる

 

 

まぁ個人的にはこれが最大の理由ですね。

 

 

授業を聞いていて

 

あれ?なんか引っかかる

 

みたいなことがあると思います

 

 

そんな時こそ頭の整理が必要です

 

頭の整理というのは

 

何も書いたりせず

 

うんうん唸ってるだけでは

 

なかなかできないと思います

 

この「引っかかること」は

 

先生の板書を見て、写してみても

 

なお引っかかるものなので

 

無論、写すだけでは理解できないです

 

 

ではどうすればいいのか

 

「ノートをとる」んです

 

 

板書だけではなく

 

先生はなぜここをこのように板書したのか

 

しっかりと考えながらまとめていく

 

必要であれば、映像を巻き戻して

 

説明を聞き直して考え直してみる

 

 

そうすることで

 

先生が伝えたいことを

 

ノート上で自ら整理することができるので

 

理解を深めることができるんだと思います

 

 

 

 

こうすることで

 

東進の映像授業を

 

有効活用できると思うので

 

そういう観点でもノートをとることは

 

とてもオススメです!

 

 

 

 

 

ノートをとるメリット②

 

後から見返せる

 

 

授業を聞いて一発で全てを理解し切る

 

ということは中々出来ないと思います

 

そこで、後々になっても

 

まとめられたノートを見返すことで

 

授業の記憶を想起できると思います

 

(特に、先生の発言をそのままメモしていると

授業自体を思い出しやすいと思います

これはなにか論理的証拠があるわけではなく

肌感覚ですが…)

 

 

ノートを見ることで

 

授業内容を思い出すことができれば

 

いちいち授業を見返す必要がなくなるので

 

時短にもつながるはずです

 

(実際、僕は同じ授業を受け直す

ということはほとんどしてません

これは僕の時間がない中での受験勉強に

役立ったと思っています)

 

 

以上の2点が大きなメリットだと思います!

 

2つを簡単にまとめると

 

ノートをとることで

 

授業内で全て完結することができる

 

と言うことですね!

 

 

 

では逆にデメリットを紹介します

 

 

デメリット①

 

時間がかかる

 

 

前述のように

 

からないことを授業内で理解し

しっかりとまとめる

 

ことを「ノートをとる」の定義としたので

 

やはりこれは結構時間がかかります

 

実際、僕は2コマで3時間の授業を

 

最大5時間くらいかけて受けてました笑

 

几帳面すぎる人は

 

本当に時間をかけてしまうと思うので

 

「ノートをとる」必要がある科目なのか

 

吟味する必要があると思います

 

 

 

 

ただし、メリット②に挙げたように

 

後から授業を見返す必要が減るので

 

個人的にはこのデメリットは

 

メリット②によって

 

打ち消されると思っています

 

デメリットは正直この1点だけだと思います

 

(ならナンバリングすな!笑)

 

そのデメリットも打ち消し可能なので

 

 

 

結論!

 

やっぱりノートはとるべき!

 

だと思います笑

 

 

ただやっぱり個人差はあると思うので

 

このブログの内容を参考に

 

自分が「ノートをとる」べきか

 

考えてみて欲しいです!

 

 

 

聞きたいことがあれば

 

ぜひ僕に聞いてください!

 

いつでもお待ちしてます^ ^

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

明日の更新は

 

実は野球やってたんだランキング第1

 

でお馴染み

 

 

風樹!

 

紹介は3度目ですね笑

 

木下に紹介された回数ランキングは

 

元担任助手の

 

宮嶋さんに並んで2位タイです笑

 

 

ちなみに風樹が野球をやっていた時

 

明後日の更新者と

 

とある縁があったとかなかったとか

 

明日のブログも見てみてください!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓