たまにはこういうのも | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2016年 7月 18日 たまにはこういうのも

 

人生の選択とは非常に難しいもので

 

振り返ったときに

ああしておけば良かった

と思うことは山のようにある

 

自分はこのような経験を

特にしてきたと自負している

 

自分は人より危機感知センサーが

ちょこっと壊れていて

 

周りが焦りだしても

まだ大丈夫だろ

と高を括ってしまい

 

そのせいで失敗することは

ひと一倍あった

 

しかしその失敗が悪いか

と聞かれれば

そんなことはない

と即答できる

 

当時の自分は相当

苦しかったろうけど

振り返ったときにはいつも

良い思い出だったなと感じる

 

失敗から得るものというのは

予想以上に大きい

 

自分が想像していないような

ことを得ることもある

 

それがすぐに成果に繋がり

実を結ぶこともあれば

少し遅れて実を結ぶこともある

 

はたまた全く別の形で

現れることだってあるのだ

中々不思議なものだ

 

そう考えて

人生の岐路に立ったとき

 

どの道が正解で

どの道が不正解なのかと

考えることはナンセンスなのではないか

 

どの道を進んだって

全てが自分のためになるのであれば

 

正解不正解だけの二択で道を

選択することはあまりにも

合理社会に毒されていると

思えてならない

 

そして世間一般的に

考えられている失敗を

不正解の括りに

まとめてしまうのは

それ以前の問題だ

 

しかし実際の岐路に立ったとき

このように考えられる程

人は楽観的にできていない

 

起こりうる事態を想像し

未然に防ごうとする

当たり前だ

 

こんなことを書いている

自分自身、常に失敗を

恐れながら生きている

 

できないことほど

発信したくなるものなのだ

 

自身ができないことを

人にああしろこうしろなどと

烏滸がましくはなれない

 

これを読み、みながどう思い

どう変わっていくかなど

人それぞれだ。

 

こういう考え方も

あるのだなと思ってもらえれば

それで幸いだ。

 

お久しぶりです。かけはしです。

 

今日のブログは

趣向を変えて

エッセイのように

してみました。笑

 

現代文嫌いな人は

嫌だったかな

と思いつつ

 

たまにだったら

いいんじゃないかなとも

思っています

 

こういう考え方もあるんだなー

と思って頂ければいいので、

パーって

飛ばしてきちゃった人もね

 

時間があれば是非。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました^^

次回の更新者は

 

 

西田担任助手です!

 

この顔

明後日向いてますね

西田さんの写真不足です

持っている方ください(切実)

 

お楽しみに!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高3生の皆さんにお知らせです。

今の時期!

 

引退まで部活も全力で頑張りたいけど

勉強もやらないと…。

部活と両立したい…。

 

そんな高3の部活生にきっかけとして 

部活生特別招待講習

を用意しています。

  

気になったら即行動。 

今すぐスタートしてください!

  

お申し込みは↓をクリック!

 

そして高校1・2年生にもお知らせです!

この夏を 

「部活」

「遊び」

だけではなく

 

勉強もすべてやり切って充実したものにしませんか?

 

頑張る高校生の皆さんに

夏期特別招待講習をご用意しました!

 

 

     

お申し込みは↓↓↓

 

  

その他お申込も受け付けております!

ご希望の方↓↓↓をクリック!