ノミとコップの話 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 4月 18日 ノミとコップの話

 

みなさんこんにちは!


担任助手1年の


福井彩(ふくいさや)です!!

 

初めましての人もいると思うので
まずはちょっと自己紹介から…

 

高校▶︎千葉日本大学第一高等学校


部活▶︎吹奏楽部(楽器:オーボエ)


趣味▶︎ピアノ・読書


大学▶︎学習院大学経済学部経営学科

 

これからよろしくお願いします!
いつでも気軽に話しかけてください^_^

 

今日は初めてのブログ!!

ってことで何を書こうかなあ
ってずっと考えてたんですけど…


最近たまたま本で読んで、
ちょっと詳しく調べてみた話を
しようかなと思います!

みなさんは
ノミとコップの話
を知っていますか?


いろんなところで取り上げられているみたいなので
聞いたことがある人もいるかもしれないです!

 

ノミって2ミリくらいの大きさで
30センチくらいの跳躍力があるそうです。


自分の体の150倍跳ぶってことは
私(166センチ)だったら
約250メートル跳ぶってことですね笑

 

でもそのノミをコップに入れて
蓋をしてしばらく置いておくと
ノミは始めはジャンプを続けるんですけど
蓋にぶつかり続けるうちに
だんだん高くとばなくなって
最後には蓋を外してからも
コップより高く跳ぶことが
できなくなってしまうそうです。

 

では

このノミがもう一度
高く跳べるようにするためには
どうすればいいんでしょうか。


実はこのコップに
コップより高く跳べるノミ
もう一匹入れることで、


跳べなくなったノミは跳べるノミをみて
またコップよりも高く
跳べるようになるらしいです。

 

この話を読んで
私は2つ思うことがありました。

 

1つ目は

自分で天井を決めてしまうことって
すごく勿体無い

ってことです。


受験期って辛いこともたくさんあるし
言い訳して逃げたくなることもあると思います。
でも、、、


ほんとに限界ですか?


ほんとにやり切れてますか?


自分で自分の天井を低く決めて
妥協しまうのはすごくすごく勿体無いです。

 

 

2つ目は

周囲の人の存在の大きさ

です。


一度は跳ぶことを諦めたノミも
跳ぶことのできるノミがいることで
また大きく跳べるようになりました。


私自身、受験期を共にした
グループミーティングの友達の存在は
本当に大きかったです。


みんなにも

支え合って切磋琢磨できる仲間

を作って欲しいなって思います!


そういう存在がいた方が
絶対に高く跳べるようになると思うんです。

 

そしてもちろん私達担任助手も
みなさんが大きく跳べるように
全力でサポートします!!

 

センターレベル模試まであと4日です。
 4日あればできることはたくさんあるはず!


諦めないでギリギリまで粘って
頑張ってください!!!

 

最後まで読んで下さって
ありがとうございました!!

 

明日の更新者は…

 

岩瀬担任助手!!


誰にも負けない行動力をもつ彼は
どんな話をしてくれるのか楽しみです!

明日の更新もお楽しみに!

 


 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓