フライング | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2016年 11月 23日 フライング

みなさんこんにちは!

 

髪を切った戸森です!!!!

 

髪が軽くなって少し寒いです。(笑)

風邪はもう引きたくないです…

 

 

 

はい、本題です。

 

先日、進級式が行われました。

 

 

ここで一つ質問です。

 

進級式をこの時期にやることについて

どう思いましたか?

 

つまり、

この時期に進級することについて

どう思いますか?

 

 

多分こう思った人が多いと思います。

 

「いやいや、気が早いでしょ。(笑)」

 

 

この気持ちかなりわかります。(笑)

 

 

しかし、この時期にはきちんと

意味があります。

 

 

ここでもう一つ質問です。

 

多くの高校生が「受験生」に

なる時期はいつだと思いますか?

 

 

 

答えは、3つです。

①部活を引退した時(6月ごろ〜夏休み)

②学校で高3に進級する時(4月)

③高2の冬休み(12月末)

 

 

まあ納得って感じかな?

ちょうど区切りのつく頃合いが

だいたいこれらの時期ですよね。

 

 

ここからつまり

何が言いたいのかというと

 

「この時期に受験生になるのは当たり前」

ということです。

 

言い換えれば、

「この時期に受験生になっても

同じ結果しか得られない」

ということです。

 

 

例を出しましょう。

 

 

問)時速5キロのスピードで

  歩く高校生二人が

  同じスタート位置から

  5キロ先のゴールに向かって

  同時に歩き出しました。

  さて、ゴールに到着するのは

  それぞれ何時間後でしょうか?

答)どちらも1時間後。

 

さあこの小学生でもわかる問題を

受験に置き換えてみましょう。

 

歩く速さを現在の学力

スタート位置とタイミングを

勉強を始める時期に

ゴールまでの距離をやるべきこと

ゴールをセンター試験の点数

置き換えるとどうでしょう。

 

 

同じ結果(点数)

しか得られませんね?

 

 

受験においては

同じ志望校を目指す限り

学力

やるべきこと

取るべき点数

はだいたい同じです。

 

やるべきこと取るべき点数

関しては全く一緒といっても

過言ではありません。

 

じゃあこの条件下で差をつけるには

どうしたらいいのでしょう。

 

 

答えは単純です。

 

フライングすればいい。

 

受験において唯一決まっていない

ものがあるとすれば

それはスタート位置

すなわち受験勉強を開始する時期です。

 

 

スタート時の学力が一緒でも

始める時期さえ早ければ

ライバルと差をつけることは

十分可能です。

 

 

ここで最初の話に戻ります。

 

 

問)なぜ進級式をこの時期に行うのか。

 

答)フライングしてライバルを

 引き離すため。

 

 

学力(点数)の差は、能力の差

ではありません。

学力の差は

時間の差です。

 

受験にフライングをしてはいけない

というルールはありません。

 

今、最高のスタートダッシュを

切りましょう。

 

 

 

そして受験を乗り切るためには

志望校というゴールだけでなく

ゴールしたその先のヴィジョン

も必要です。

 

みんなの人生は大学に入って

終わりではありません。

 

その先に何をするかで

ゴールは大きく変わります。

 

 

 志作文を書いて決意を

固めましょう。

みんなの志を読むのを

楽しみにしています。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

明日の更新は????

 

一見強面。

しかし笑顔の彼をみたら

ギャップ萌え間違いなし。

 

ゆきやだああああああ!!!!

 

乞うご期待…

 

―――――――――

 

今の自分のままじゃ不安、、

学校のテストも悪かった…

最高のスタートダッシュを切りたい!

 もっと努力したい!

 

そんなあなたに

冬期特別招待

を準備してます!

お気軽にクリック

 

~information~