不安な時期です。 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2016年 11月 13日 不安な時期です。

 

こんにちは!

千葉大学医学部1年

村田 光です!

 

最近すごく冷えてきましたねー。

布団から出るのが

億劫でしょうがない村田です。

寒い季節は

室内外での気温差で

体調を崩しやすいので

気をつけてください!

あと、加湿とか換気とか、

今の時期はとにかく、

風邪にやられないための手段を

尽くしまくってください!

 

~~~~~~~~~~~~~

 

 

さて、急に自分語りを始めます。

去年のこの時期、

僕の部活が終わって 1ヶ月。

ようやく部活のことも

頭から離れるようになった頃ですね。

成績はというと、

第一志望校に対しては

微々たる可能性しか感じさせない具合。

受験が不安で仕方がありませんでした。

 

 

ここから巻き返せるだろうか。

 

巻き返すだけの時間は

あるのだろうか。

 

なんなら志望校を下げて

楽してしまおうか。

 

こういった思いが

僕の中にたくさんありました。

 

 

みなさんの中にも、

少なからずこういう人

いると思います。

 

でも、最後までなんとか頑張れた。

(とはいっても、不安は最後まで

拭えなかったし、試験直前まで

完全には開き直れなかった。)

 

とりあえず、

その要因2つを伝えます。

 

まず1つ目。

 

自信をもつこと。

 

矛盾してます。(笑)

 

少し言い換えると、

少し楽観的になってみること。

 

例えば、僕の場合だと、

 

ここまでやってきて、

成績は確かに足りないけど、

いける可能性って、0ではないよね?

ここから頑張れば、

どうにかなる可能性が

少しでもあるじゃん!

まだ3ヶ月近くあるから

数学をめちゃ補強して、

理科のあの分野とあの分野を

確実にしてけば

期待できるんじゃない?

 

て感じです。

 

まあ何が言いたいかっていうと、

 

少しの可能性を信じろ

 

ということです。

 

 

といっても、大学受験って、

そんな簡単な話で済まされねーよ

と思いますよね。

 

それを根底から支えるもの、

それが2つ目。

 

 

第一志望校への思い。

 

 

自分はどうしてそこを目指したのか。

もう一度考え直してみてください。

自分の1番行きたいキャンパス

自分の1番受けたい授業

自分の1番送りたい大学生活

があったからですよね。

 

そこを今はただひたすら、

目指して走り続ける。

 

妥協していいの?

妥協した未来は臨んだものとは

ほど遠いと思いますよ。

 

周りも気になりますよね。

でも、くじ引きじゃないんだから、

どんなに母数が多くたって、

自分が合格最低点以上を

とればいいだけ。

(合格最低点はそうそう

ブレることはないので。)

 

意識してほしいのは、

みんなが勝負するのは

周囲の人間ではなく、

そのテストの問題です。

(異議がある人もいそうですが・・・)
 
僕はこう思ってました。
 

ただ問題に対して必死に

自分の実力を出し切れば良いんです。

 

 

こんな偉そうなこと言っといて、

僕自身がこれに気づいて、

開き直れたのは

試験当日です。(笑)

 

でも、そのおかげで

試験では過去最高の出来だったと

終わった後に確信できました。

 

本当に、メンタルの問題って

大きく影響します。

 

確かに今の時期、

考えることは多いと思いますが、

もう一度、自分が

何のためにここまでやってきたのか

ということを考え直して、

残りの受験生活に臨んでください!

 

困ったり悩んだら、

僕たちがいるので。

ここからが勝負!

一緒に、本気で頑張ろう!!

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

明日の更新者は…

廣居 祐豊 担任助手!

 

 

この、手抜きなようだけど

真髄であるコメントをした彼は

どんなことを書いてくれるのでしょうか!

お楽しみに!

 

~~~~~~~~~~~~
 
 

今の自分のままじゃ不安、、

学校のテストも悪かった…

最高のスタートダッシュを切りたい!

 もっと努力したい!

 

そんなあなたに

冬期特別招待

を準備しております!

お気軽にクリック

 

~information~