今、みんなに伝えたいこと | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 4月 1日 今、みんなに伝えたいこと

 

みなさんこんにちは!

 

ついに

2年生

なりました。

 

担任助手の

長谷川沙綾です

 

今日は

4/1。

 

エイプリルフール

ですね~

 

みんなは

もうをついたのかな?

 

エイプリルフール

毎年4/1

この日だけは

をついても

良いという風習です。

 

この日だけは良いと

ありますが、

みんな

最後には

嘘だよ。

ちゃんと伝えて

あげてくださいね!

 

そして

4/1は

新学年

最初の更新です

 

何を書こうか

何を話そうか

とてもとても

迷いました。

 

そんな中、

私は

大学のプロジェクトで

3/27から

5日間ほど

被災した地域に

行ってきました。

なので、

なんと昨日

帰ってきました!

 

プロジェクトの

主な内容は

町内見学

小学生への学習支援

 

また、

被災された方と

触れ合い

お話しを聴く

ものでした。

 

実際に

被災した地域に行き、

私が

思ったこと

感じたことを

2つ

今日はみんなに

伝えたいと思います。

 

1つ目は、

勉強出来ている環境を

当たり前に

思わないでください。

そしてその環境に感謝し、

大いに活用してください。

 

6年たった今でも

自分の家が津波に流され、

仮設住宅で

生活している方もいます。

 

それはニュース等で

みんなも知っていると

思います

 

実際にその仮設住宅を

見てきました。

 

一言でいうと

壁が薄く、寒く

とても

小さかったです。

 

寝るために

お布団をひくと

お布団で家が埋まってしまい、

食事をするために

テーブルを出すと

テーブルで家が埋まってしまう

そういった大きさでした。

 

その仮設住宅に住んでいる

子供がいるお母さんは

「子供の勉強出来るスペースを

あまり取ってあげられないんです。」

と言っていました。

 

また、

福島の町をバスで

通りました。

 

地震で家が

壊れたわけではなく

家に続く道が

完全に封鎖され、

自分の家に帰ることが

出来ないという

状況が6年たった

今でもありました。

 

帰る環境がある

実はそれって

当たり前のこと

ではないんです。

 

勉強できる

環境があることに

まず、

感謝しましょう。

 

そして、

その最高な勉強環境を 

活用しないなんて

とてもとても

もったいなくないですか?

 

東進生

東進に来て受講したり、

自習をしたり、

電車の中で

高速マスターをしたり、

大いに活用してください!

 

私も

最高な勉強環境

みんなに提供できるように

頑張ります!

 

2つ目に

何事にも

ひたむきに頑張ることの

大切さです。

 

今回の

プロジェクトに参加して

出会った方々は

自分の住んでいる町の

ほとんどが

なくなってしまいました。

 

最初、自分は

何をしたらいいのか

よく分からなかったそうです。

 

ただ、自分の町を

もう1度

スタートさせるために

自分ひとりにできることは

何かを考え

まず、ひたむきに

たくさんあるがれきを

片づけることを

頑張ったそうです。

そのひたむきに

頑張る姿に

人々がだんだんと

集まり

協力しあい

新しいスタートを

切ることが出来たと

言っていました。

 

みんなは

自分の行きたい

第一志望のために

今、

自分がすべき勉強は

何かを考え

とにかくひたむきに

頑張ってみてください。

 

きっとみんなにも

何かが見えてくるはずです。

 

最後まで

読んでくださり

ありがとうございました!

 

明日の更新者は

 

ゆきや担任助手です!!

 

最近

本をたくさん読み、

色々なことを学んで

一回り

大きくなりました!

 

そんな彼が

2年生になった今

一発目に何を

話してくれるのか

とても楽しみです!

 


 

2017年合格が続々と出ています!!

詳しくはこちら↓