”利”に打ち”勝”つ | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 1月 28日 ”利”に打ち”勝”つ

こんちわ、

千葉大工学部1年の

ゆきやです。

 

今日は主に受験生に

伝えたいことを

書きたいと思います。

 

おとといの

八川担任助手の

内容の補足的な

話なので

見てない人は

こちらから

みてください笑

 

低学年のみんなも

「あー来年には

こんなことなってるん

だな。」とか

思ってみてね笑

 

 

最近、東進にいると

受験生のみんなから

「勉強してる途中に

突然受かるか不安に

なって集中できないんですよ」

 

とか

 

「突然、自分の人生に

不安を感じて、考え事

してたら1時間たってました笑」

 

っていってる子を

見かけます。

 

僕的には

その気持ち痛いほど

分かります!

 

大学受験は

いわば人生の分岐点、

これからの4年

(理系は6年くらいの人もいるけど)

を左右していくことに

なりますよね。

 

今までの受験の中で

最も大きな分岐点です。

 

そんな局面にあったとき、

勉強の手を止めてしまう

気持ちも分かります…

 

 

が、

ここで一つ質問です。

 

~ Q ~

そもそも、

ここで自分の進路を

不安に思って、

勉強の手を止めることは

あなたの大学合格の

可能性を上げてくれますか?

 

 

~ A ~

答えは当然NOですよね。

 

どうしても人間ってのは

「やるべきこと」

「やること」

の間に齟齬を

生んでしまう

生き物だと思います。

 

 

例えば僕も最近、

「痩せるべき」

と思ってても

「ラーメンを食わない」

ということが

実施できなくて

困ってます笑

 

 

では、ここで

さらに質問。

 

~ Q ~

あなたが行きたい大学に

合格する可能性を

アップさせるために

「すべきこと」

はなんですか?

 

 

~ A ~

残された時間を

大切に使って

試験本番に使う

知識や理解を

ためこむこと。

 

だと思います。

 

決して

「行けるかどうか

思い悩むこと」

ではありません。

 

悩んでたら、

合格する可能性が

上がってたなんて

うまい話は

確実にありません。

 

 

今、

あなたが

思い悩むのは

人間として当然

ことだと思います。

 

人間は自分の生命の

維持のために

様々な言い訳を

作る生き物とも

言われてますしね。

 

 

ではここで、

客観的に、

冷静に、

今、受かるために

「すべきこと」

目の前の紙かなにかに

書いてください。

 

 

そして、それを

実行してください。

 

 

そのときやっと

自分に都合がいいから

当然のことだと

みんなが思っている

”利”

に打ち”勝”って

本当の意味での

”勝利”

をあなたに

もたらすでしょう。

 

みてくれて、

ありがとうございました。

 

 

さて次回の

更新者は・・・

 

image1.JPG

 

小松担任助手!!

(右の方の人です。)

容姿端麗な

彼女がみんなに

どんなメッセージを

送るのか、

ぜひ明日も

見てください!

 

~~~~~~~~~~~~

 

~information~