受験生に伝えたいこと | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2016年 12月 29日 受験生に伝えたいこと

 

こんにちは。

明治大学に通っている喜多村です。

 

 

本日なにを書こうか悩んでいましたが

次の僕の更新が15日センター2日目ということ

らしいので試験本番前に僕が伝えたいことを

お話します。

 

 

センター本番まで

あと16日。

 

なにを感じますか?

 

緊張ですか?

焦りですか?

 

吐きそうなくらい緊張している人

もいるかもしれませんね。

(僕が受験生の頃そうでした。笑)

 

僕が伝えたいのは

こういうときだからこと

「視点を上げてほしい」

ということ。

 

なんのために勉強をしていますか?

大学に行ってからなにをしたいですか?

将来、どんな自分になりたいですか?

 

 

これからみなさんは

ついに

自分で自分の人生をつくる

段階に入っていきます。

 

自分の足で自分の行きたい方向へ

進んでいくわけです。

 

高校生まで、今までの

自分を振り返ってみてください。

 

高校生までの進路選択というのは

家が近いから

偏差値が近いから

といったような理由で決めることが多いのかな

と思います。

 

そして、義務教育という制度で

(もちろん高校は違いますが)

みんな同じような足並みで

同じようなことをし

同じように大学へ進んでいくのかな

と想像しています。

 

もちろん様々な人がいるので

一概に言えませんが、

このブログを読んでいる時点で

そのような人が多いのかなと

勝手に思っています。

 

 

 

しかし、大学は違います。

日本全国から集まり

自分とは違う価値観の人もいます。

そしてなにより

自分のやりたいことを学ぶ

ためにその大学へ行くわけです。

 

やりたいことが出来るわけです。

 

ワクワクしてきませんか?

 

大学でやりたいことを見つけます

という人も

これからどんな人にもなれるという証

です。

 

ぜひ前向きに捉えて欲しいと思います。

 

今まで囲われていたものが一切なくなり

自分の足で

自分の手で

自分の力で

自分の人生をつくっていく

スタート地点が

大学受験

なのだと思っています。

 

 

僕の夢の1つに

「若者が楽しく誇りを持って

仕事が出来るような社会を作りたい」

というものがあります。

 

東京の犯罪発生率は世界1低いですが

自殺率は世界でもトップクラス

という現状があります。

 

そういった状況の根底には

自分で自分の人生をつくっていく

という想いが

持てていないののも

原因の1つなのではないかと

思っています。

 

 

そんな現状を変えたいと

そして変えてくれるような

高校生と毎年出会えてるからこそ

津田沼校で3年も

この仕事を続けているのかもしれません。

 

 

これから始まる試験は

自分の人生のスタート

です。

 

前向きに頑張っていきましょう。

 

 

明日の更新は

ワニにそっくり森長さん!

 

宜しくお願いします!

 

 

~information~