変わる人生 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 2月 15日 変わる人生

どもー。

 

千葉大学工学部

メディカルシステム工学科2年の

佐藤 由季也です。

 

今回は受験生にとって最後の

ブログになると思うので、

それを意識したメッセージを送ります。

 

さて、ほとんどの生徒が

受験の終盤に来たわけですが、

受験生活はいかがだったでしょうか。

 

おそらく、ほとんどの人が

今までしてこなかった努力を

することになったと思います。

 

 

努力するということは

その分エネルギーを多量に

消費することに繋がると思いますが、

皆さんの現段階での感想は

どのようなものでしょうか。

 

「疲れた。もう二度と受験生をしたくない。」

「やりきったから満足だ。」

 

受験に対する感想は人それぞれ

だとは思います。

 

が、しかし受験に関して1つ共有

していることがあると僕は考えてます。

 

 

受験はみんなの人生を

おそらく今までなかったほど

大きく変えます。

 

 

実際、自分がそうだったし、

周りの友達をみて感じたことです。

 

 

例えば、自分の例を話すと、

 

今、自分の高校時代を考えると

本当にとんでもないちゃらんぽらん

だったなと感じます。

 

部活はテキトーにやって、怒られてばっか。

1年間の内ほとんど外の掃除をしていたほど

怒られていました。

 

勉強もテキトー。クラスでテストは

毎回最下位だし、それを恥じることも

しませんでした。

 

 

でも、受験は死ぬほど努力しました。

今までの死ぬほどだらしなかった自分から

脱却できる最後のチャンスだったから。

 

 

その結果、今はあの頃、自分が高校生のころ

考えもしなかった将来について考えるようになったし、

今、自分は何を目指して努力していくかという目的思考を

もつようになれました。

 

 

このように自分が変われたのも、

全て受験があったからです。

受験の経験が今の自分を動かしてくれます。

 

「あのころあんな努力できたんだから、

今もそれと同等くらいできるはず!」

 

「受験期のとき程、常に考えてたころ

なかったな。今の自分はおなじくらい思考を

重ねているのかな。」

 

とかですね。

 

 

「努力は人を裏切らない」

とかいう言葉はありますが、

受験結果という点では裏切ることが

あると思います。

 

まあそれは、努力した人全員が

受かるということはありえない

ですからね。

 

ベタな言い回しではありますが

努力した過程は

確実に今後の糧となります。

 

どのような結果に終わっても

受験でめちゃめちゃ努力した

事実は残ります。

 

努力は今後の人生で

更なる努力を生む種です。

 

種を蒔き続けるためにも

最後まで皆さん走り続けましょう。

 

みてくれてありがとうございました!

 

さて、次回の更新者は、

 

NAKAMURA SEIYA担任助手!

 

雰囲気イケメンです。

実際にイケメンじゃありません。

 

次回もお楽しみに!!


 

東進の東大現役合格者実績は日本一。


その理由を君の目で確かめてもらうのが、

「新年度特別招待講習」

です。


春期講習を無料で体験できる特別な機会に、

君を招待します。

お申込みは下の画像をクリック↓↓↓

 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓
 

 

 

 

 

 

過去の記事