夏前の戦い方 | 東進ハイスクール 津田沼校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 5月 24日 夏前の戦い方

 

こんにちは!


千葉大学医学部医学科一年


佐久間生です


竹中さんからの紹介は


僕には少し荷が重すぎた


かもしれません(笑)


昨日の竹中さんのブログの

 

人間的成長の部分の話は


直で竹中さんから聞いたこともあったのですが


何回聞いても尊いことだなと思わされます

 

 

 

 


今回は過去問演習について


ブログを書こうと思います


なんで今その内容を書くのかっていうと


6/6週から始まる


「夏の戦い方説明会」

の告知とか


そこでは詳しく話さない


過去問演習前の期間の過ごし方について


書いていきたいな


と思ったからですね


(テレビの番宣みたいなもんだと思わず
ブログのスキップはしないでください)

 

 

 

夏の戦い方説明会は


伊丹校舎長


そして担任助手の飯沼と自分


がプレゼンターをするんですけど


全員参加必須で


高3生は文理分かれての会になります


この会での話は


過去問の取り組み方の話だけに終始せず


夏に向けての意識、


ひいては


受験に向けての意識が


大きく変わる話があると思うので


参加して何かしらを得てください

 

 

 

 



告知はこのくらいにして


これ以降は


夏に入る前、過去問演習に入る前に


何をすればいいんだろう


って話をしていきたいと思います



東進の入学時期

 

志望校はどこか


部活は週何回で、高3だったら引退してるかどうか

このようないろいろな要素が


一人ひとり違うと思います


でも夏まで、もしくは過去問演習までに


やっておくといいことの基準は確かに


存在するのでそれについて書きたいと思います


1つ目は


高速基礎マスターの単語熟語文法の完全習得


2つ目は


登校日を増やすこと


3つ目は


夏までの勉強計画を立てること


です


1つ目については耳にタコができるほど


聞かされてると思います


でも高速基礎マスターを時間とってできるのって


夏前のこの時期が最後になると思うんです


全ての根幹となるものを夏前に身につけておいて


損はないと思うし


逆にそこが欠落していると


後になって巻き返すのって


ほんとうに苦労するし、無駄足になるので


是非完全習得まで頑張ってください



2つ目については


夏に本気出せばいけると思う人が


相当数いると思うんですけど


夏って急に脳が変わる季節じゃなくて


ただ気温が上がる季節なだけなんですよね


今のうちから徐々に勉強する体づくりを


しておかないと


今までの努力の最大効果を発揮できないと思うので

 

ぜひ今のうちから心がけてください



3つ目については


特に受講やその復習についての計画を


立てて欲しいっていう話です


いつまでには全部の受講を終わらせる


とかっていう目標を明確に立ててみると


過去問に取り組み始める日が


見えてくると思います



長くなりましたが


今の時期の基礎の定着度は


これからの時期の


大きなアドバンテージになるので


今までに書いたことを参考にして


頑張ってください!!!

 

 

明日の更新者は、、、

 

 

 

 

林 航平担任助手です!!

 

いつも明るくて

 

後輩をご飯を一番誘ってくれてるんじゃないかってくらい

 

後輩思いのいい人です

 

ほめ殺し過ぎてもよくないので

 

紹介はこの辺で!

 

明日の更新をぜひ

 

お楽しみに~

 

 

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事