怠惰な人間でした | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 3月 27日 怠惰な人間でした

 

 

 

千葉大学 工学部

メディカルシステム工学科2年の

佐藤 由季也です。

 

 

僕がブログ書く機会も

かなり少なくなってきました(泣)

 

 

何書こうかなーって

悩んだ結果、

 

せっかく自分が担任助手という

高校生を応援する役職についているので、

 

高校生が

今後の受験をワクワク感じる

ようなことを書こうと思いました。

 

 

自分が受験を終えている今、

受験のなにが良かったのかな

と考えると

 

「今までのダメな自分から変われた」

 

っていう自分の変化が

最も受験の中で得たもの中で

嬉しかったものだったりします。

 

 

実は自分は高校生の頃は

とんでもなく怠惰な人間でした。

 

 

まず、通常の学校の授業を

集中して受けたことがありませんでした。

 

授業中は先生が言ってることも

ほぼ聞いてませんでした。

 

結果としてほとんどのテストで

赤点を取ってましたね(笑)

 

 

 

さらに部活もたいして

真面目にやっていませんでした。

 

僕はバスケ部だったのですが

疲れるのが嫌で、適当に走ったり、

適当にシュート打ったりしてました。

 

 

自分の高校生活は、「努力」

とは無縁の生活でした。

 

 

なんだか、何かに向かって

頑張るのが恥ずかしくて、

さらに言うと自分に自信がなくて

楽な方へどんどん逃げていました。

 

 

部活の引退を一週間前に

ひかえたある日、

僕は部活のトラブルでバスケ部を

退部しました。

 

 

そこから辞めた理由である顧問を

見返すために、

「今までしたことないくらい、

世界一の努力をしよう。」

と決めて勉強をしました。

 

 

受験には多くの挫折がありました。

 

いくらやっても伸びない数学

やってもやってもキリがない化学

 

自分は本当にこのまま勉強しても

受からないんじゃないか?

この努力は無駄なんじゃないか?

 

と考えてました。

 

 

軽いうつ症状にかかりながらも、

それでも今までの自分から

変わりたくて努力をし続けました。

 

東進で1日15時間勉強を欠かさずしたし、

テレビも見なかったしゲームもしませんでした。

さらに移動時間すらも有効活用して

勉強してました。

 

その結果、なんとか志望校に

受かることが出来ました。

 

 

今思うと、結果的には怠惰だった自分からは

変われのかなと思います。

 

 

その証拠じゃないですけど、

実際変わることが出来たから

今この担任助手という仕事が

務まっているわけですからね(笑)

 

自分の中で、

「ここまで自分は努力できるんだ。」

という自信が、

いろんな行動の原動力になりました。

 

他にも受験の経験が、

なにを行動するにも

まずは目標を定めてから

そこに向けて何が必要なのか

考えるようになりました。

 

 

大学受験は今までしたこと無いような

努力を強いられる機会になると

思います。

 

それも、目指す大学が

高ければ高いほど

その努力量は多く必要に

なってきます。

 

 

でも、その今までしたこと無いような

努力はきっと今までの自分の殻を

やぶるためのきっかけに

なります。

 

 

船橋東高校でゴミーズという

「ゴミみたいにダメな人間の集団」

の一員だった僕が

変われたんだから

みんなも変われます!

 

 

目指す目標は高く。

その目標にむけて最大限の

努力をしていきましょう!

 

 

見てくれてありがとうございました!!

 

さて、次回の更新者は・・・

 

八川担任助手!!!!!

 

2年間、辛い時も楽しいときも

共に頑張ってきた仲間です!

 

八川がどんなブログを書くか、

自分も楽しみにしています(^^)

 

次回も見て下さいね!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の東大現役合格者実績は日本一。


その理由を君の目で確かめてもらうのが、

「新年度特別招待講習」

です。


春期講習を無料で体験できる特別な機会に、

君を招待します。

お申込みは下の画像をクリック↓↓↓

 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓