最後は西田周平です。 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2016年 10月 17日 最後は西田周平です。

 どーも!(^^)!

担任助手2年目の西田周平です!

 

ついに僕の番まで来ましたね

僕の番が来たということは

みんなが楽しみに読んでいた

担任助手の

「担任助手についてのブログ」

も今日で最後だということです…

寂しいですね…

 

僕も一人の読者として

周りの担任助手が

どういう考えで仕事しているか

どういう風に仕事に向き合っているのか

などなど知れて

とても面白かったです!

 

最近ほんとにいきなり寒くなって

すっかりって感じですね!

風邪をひかないように

布団はそろそろ羽毛布団で寝ましょう!

 こたつを出してもいいかもしれませんね!

 

余談もここまでにして

そろそろ本題に入っていきましょう。

 

担任助手…

国語辞典で引いてみたのですが

どの国語辞典にも出てきませんでした…

広辞苑でも調べたのですが

結果は変わらず…

 

一体なんなんでしょう担任助手とは

というのを今日は

話していきたいと思います。

 

っとその前に

10/1から始まった

「担任助手について語るブログ」

ここまで16人の担任助手が

毎日熱く語ってくれました。

見逃した人は

必ずチェックしてください!

 

10/1 森長隆真  

10/2 鈴木瑛久  

10/3 戸森嶺   

10/4 本田明紗海 

10/5 小松夏美  

10/6 伊藤遼   

10/7 佐藤由季也 

10/8 喜多村真  

10/9 中村逸人  

10/10 村田光  

10/11 廣居祐豊 

10/12 梯宏洋  

10/13 佐藤汐音 

10/14 八川佳歩 

10/15 長谷川沙綾

10/16 大場美月 

 

そして10/17…

西田周平!!!!!!

(読み逃しがあれば

下の画像をクリック!)

 

 

はーい、始めます。

 

今日は僕が

①担任助手をやった理由

②担任助手をやってから

この二点を話していきたいと思います。

 

まずは

①担任助手をはじめた理由から!

 

僕が担任助手をやった理由は3つあります。

1.憧れだったから

2.友人の存在

3.ある人への感謝

 

まずは1から!

担任助手との出会いは2013年のでした。

高校の先輩が公開授業に誘ってくれて

その公開授業をきっかけに

夏の招待講習や

全国統一高校生テスト

を経て

東進に入学

そこから本当に担任助手の方にお世話になり続けました

もう一回言いますね

 

僕の性格上

大変お世話になりました(笑)

 

もちろんみんな尊敬の対象でしたが

その中でも

特に

3人の憧れの担任助手がいました

 

1人目…濱田さん

2人目…島さん

3人目…中村逸人さん

 

1人目の濱田さん

直接的に関わったことはないですが

就職活動報告会

を実施してくれた際に

その考え方に

強い影響を受けました

今でもあの時の濱田さんの

言葉は僕の心の中に

残っています

 

2人目の

島さん

僕を東進に連れてきてくれた

高校の先輩で

島さんがいなかったら

僕は今東進で働いていませんし

もちろんこのブログを書くことも

なかったでしょう。

あるHRで島さんが

僕たちの前で夢を語ってくれました

恥ずかしがることなく

自分の夢を堂々と語る姿に

強く心が動かされました

 

そして3人目

中村逸人さん

僕にとって

伝説の担任助手です

逸人さんは僕が

高校2年生の頃から

とてもかわいがってくれました

高3の5月に逸人さんがいなくなって

本当に寂しくて

高3の9月くらいに逸人さんが帰ってきてくれて

本当にうれしかったし

 

担任助手になってからも

一回お別れしたけど

また一緒に働くことができて

本当に幸せです。

 逸人さんも夢を語ってくれたなー

 

この3人はそれぞれが

とても影響力のある

人物ですが

なにがすごいって

考え方がすごかったです!

とても大学生とは思えないほどでした・・・ 

 

そんな3人がどのようにして

その考えに至ったのか

不思議に思った

僕は

3人の共通点である

担任助手に注目しました

 

そして憧れの3人に

少しでも近づきたくて

担任助手をやってみたい

思うようになりました

 

次に

2.友人の存在

ですね。

今年の5月に担任助手を卒業した

稲荷田和也とは

小学校4年生からの仲です

考えてみるともう10年なんですね…

 

この人の存在は

僕の受験人生において

とても大きいものでした

 

東進に出会ったきっかけを

くれたのも和也だったし

 

担任助手を考え始めたのも

和也を見てからだったかな

 

そういう存在がいたからこそ

自分も負けてられない!

俺もやってやるぞ!

って気持ちになったんだと思います

 

みんなもいるんじゃないかな?

そういう存在が!

大切にしてください。

 

最後に

3.ある人への感謝から

です!

 

 

さあ、ある人とは誰でしょう!

 

 

じゃーーーーーん!!!!!

 

梁瀬真優花さんです!!!

オーストラリア

一年間の留学に行っている

あの!

梁瀬さんです!

実は僕が受験生の頃の

担当担任助手だったんです!

 

受験を終えた僕…

「担任助手やってみたいけど

学校横浜にあるからな…」

 

梁瀬:「西田ならできるよ!」

 

西田:「なんの根拠があって

言っているんだ(笑)」

 

梁瀬:「だって絶対やったほうがいい!

私は西田の力を必要としてる!」

 

この瞬間

コンマ1秒くらいのスピードで

担任助手やろうと決意しました

 

受験生時代・・・

梁瀬さんが

常に僕の考えを尊重してくれたことで

考えて勉強することの

重要性を学ぶことができました。

 

梁瀬さんのおかげで

第一志望校合格を達成することができ

本当に感謝しています

 

そして

その梁瀬さんが

僕の力を必要だと言ってくれた事

憧れていた仕事に

必要だと言ってくれた事

まじでうれしかったです

だから僕は

その言葉を聞いて

担任助手をやることを決意しました。

 

 

こうやって見ると

素晴らしい人たちとの出会いが

僕が担任助手をやっている理由なのだということがわかりますね。

 

 

次に❷担任助手になってからの話をします

 

1年目

同期の人たちが

みんなほんとうにいい人で

すぐに津田沼校が好きになりました

 

ここまではよかったのですが…

 

振り返ってみると

自分が得意な分野を

伸ばすことはやってきましたが

 

できないことをできるようにしよう!

知らないことを知ろう!

 

という努力をすることがなく

「向上心」

がなかったように

思います。

 

担任助手2年目をやろうと

思ったのは

1年目の自分に

ひどく納得がいかなかったからです

 

そして

2年目

 

今まで頼りにしていた

先輩方の多くが卒業し

 

いつの間にか

校舎を引っ張っていく

引っ張っていかなければならない

存在になっていました

 

今までは

自分さえできていればよかった仕事も

校舎を引っ張る存在として

全員ができるように

システム化や意識改革

周りの人を動かす力

が必要になってきました

 

そして

1年生の時には見えてこなかった

景色が見えてくるようになってきました

 

 

つまり

 

自分に足りない部分がまだまだある

 

ということです。

 

1年生の頃は持っていなかった

「向上心」

ここでついに生まれました

 

自分に足りないものに気付くことが

できたからです

 

最近は

日々自分に足りないものを見つけて

それを改善していくことが

とにかく楽しいです

 

自分ができていないんだという自覚が

周りの人よりも劣っているという劣等感が

僕の向上心の源になっています。

 

 

そしてそれは

受験勉強もそうなのかなと思いました

自分の足りないところを見つけて

それを改善していく

このサイクルは

受験生として当たり前ですよね

 

 

受験期は考えながらできていたのに

1年目は考えて行動することが

あまりできていなかった

 

なぜか

明確な目標がなかったから

 

みんなは勉強しているときに

自分が行きたい大学があって

そこに向かって常に

考えながら勉強しているよね

 

明確な目標がないと

人間て頑張れないんですね

 

 

まあここまでで何が言いたいかというと

受験で培った

考え方

努力の仕方

は社会に出たときに

必ず財産になると思います

 

問題点を見つけ

それを解決するために

論理的に考え

計画し

そして実行する

 

このプロセスは受験勉強のプロセスと

ほぼ一緒だと思います

 

受験勉強をただの

第一志望合格のための

勉強と位置付けるのは

非常にもったいないです

 

だからこそ

僕は

この受験という経験が

「みんなの人生の

原点になるような指導」

を目標にしました!

 

 

「考えろ・考えろ・考えろ」

2年生になってからの口癖です。 

 

 

最近だんだんと

みんなが自分で考えて

勉強しているのが

見えてきて

本当にうれしいです。

 

 

最後に

担任助手は生徒の伴走者

生徒は担任助手の鏡

と言われるように

 

僕たち担任助手と

みなさんは

一種の運命共同体です

 

僕たちは

先導者でもなければ後援者

でもありません

 

前で引っ張るのではなく

後ろから支え続けるのでもなく

 

 

ずっとみんなの隣で

みんなと一緒に走っています

 

 

 

たくさんの壁にぶつかり

その壁を乗り越えるために

試行錯誤する

 

 

そんな経験を経て

人は成長していくと思います

 

一緒に受験という壁を

乗り越えることができたら

きっとその先の壁も乗り越えられるはず

 

僕の周りの担任助手を見て

この人たちがいれば

どんな壁にだって

立ち向かっていけるなと

今までのブログを見て

改めて感じました。

 

 

チャンスは誰にでもあります

最初から能力がある人が

やる仕事じゃありません

 

というか

受験勉強乗り越えたなら

絶対みんな

いいところは持っています!

 

 

このブログを見て

 

人のために全力を尽くして

ともに成長していく経験を

僕たちと一緒にしたいと思う人が居たら

本当にうれしいです

 

p.s.

今日からもう受験が始まると聞きました。

僕たちは隣で走ってます

慌てそうだったら

僕たちのことを思い出して

ちょっとでも

落ち着いてくれたらうれしいです。

油断せずいこう!

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

____________

明日の更新者は

昨日かなりいいことがあった

鈴木担任助手(写真左)です!

 

今度はどんなブログを

書いてくれるのでしょうか!

 

 

10月企画ブログ

バックナンバーはこちら↓

 

 

また、東進では10月30日に 

全国統一高校生テスト

を無料でおこないます!! 

自分の今の実力を試してみませんか?

 

申込はこちらから!

↓↓↓↓↓

  

 

 

今の自分のままじゃ不安、、

もっと努力したい!

勉強なにしたらいいかな??

最高の2学期をスタートさせたい!!

 

一つでも当てはまったら

気になる項目をクリック!◎

 

頑張ってる人、協力します。

津田沼校でお待ちしています。

↓↓↓

過去の記事