【Be Proactive!】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 12月 28日 【Be Proactive!】

こんにちは!!

慶應義塾大学商学部1年の福塚勇太です。

 

 

大晦日が近づいてきましたね。

大晦日と言えば、

そば・鍋・除夜の鐘などいろいろありますが、

僕にとってはなんといってもテレビです。

まあ、なんならガキ使です(笑)

 

 

今年のガキ使のテーマは

「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」

らしいです!

 

トレジャーハンター……

どんな展開になるのか読めない!

題名だけでも去年のアメリカンポリスよりもなお面白い感じがしますね。

 

 

しかし、今回は大晦日に皆と同じで千題テストがあるので、オンエアでは見られそうにないです。

一緒に頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

さて、もうすぐセンター試験ですね。

焦っている人もいれば、かなり落ち着いている人もいて人さまざまです。

 

 

最近僕は久しぶりに読書して感銘を受けた事があります!

そのことを皆さんに還元させてください!

 

今からする話は受験に通ずる部分があるので、

そこにも着目しながら読み進めていって下さい!!

 

その本の名は『7つの習慣』という本です。

その本は成功をおさめてきた人々が共通して持つ7つの習慣について書いている本です。

(詳しい内容は長くなりすぎるので割愛します。)

 

僕が感銘を受けたのはその1つ目の習慣です。

 

それは…

Be Proactive

≒主体的であれ

 

これはさまざまな場面で言えることかなと思います。

 

クラスの役職決めの立候補であったり、

困っている人を手伝うときであったり、

日常には主体的であるべきであるべきである場面が、

溢れていると思います。

 

 

これは実は受験にも当てはまります。

例えば、模試でケアレスミスをしてしまって点数がすごく悪かった時。

 

面談などで、ケアレスミスだから仕方無いです。と言っていませんか!?

 

主体的に考えてみて下さい。

 

普段からケアレスミスに対する意識足りなかった、

見直しをする時間を設けられなかった

等になるのではないでしょうか。

 

 

つまり

普段てきとうな理由を付けてごまかしていた

原因

 

自分の中に求めて、

自分があの時こうすればよかった!

というレベルまで掘り下げるのです。

 

 

そのような点で

be proactive 

be responsible(責任を持つ)

 

と置き換えると分かりやすいです!!

 

 

自分が出来なかった原因をはぐらかしたり、人のせいにするのではなく

 

自分が責任を持ち、

自分がどうすればよかったかを考えて

自分の成長に繋げてください

 

 

受験生は精神的に辛くなってきて、

出来なかったこと・間違った問題に

向き合いたくなくなるかもしれません…

 

確かにそっちの方が楽に思えるかもしれないです…

 

しかし、合格をつかみ取るために!夢をつかみ取るために!!

 

Be Proactive !!

 

頑張って下さい!!

応援してます!

 

 

 

ここで、僕が受験期に救われた

先生の言葉を紹介したいと思います。

 

 

1カ月頑張れない人は1年頑張れない

1年頑張れない人は一生頑張れない

一生頑張れない人にならないで下さい。

あと一カ月頑張って下さい。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

 

さて、次の更新者は…

 

 

 

 

 

 

逆ピースがむちゃくちゃ決まっている岩瀬です!

 

岩瀨の何がすごいって

徹底したこだわりだと思います。

こだわりをもつ事柄にはほんとにものすごいこだわりを持ちます。

髪型とか、洋服とか、逆ピースとか

今度岩瀬にピースしてみて!って言ってみて下さい。

絶対逆ピースします。

 

そんな逆ピースがとまらない彼は何を語るのでしょうか?お楽しみに!!

 

 

 


何から始めたらいいのかさっぱり…

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意 
お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓