継続は力なり? | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 7月 1日 継続は力なり?

 

こんにちは!!

 

担任助手二年目の戸森です!!

 

最近ゼミの活動が忙しくなってきて

ようやく大学生らしい勉強してるなあ

って感じます!! 

今は教育学についての文献を

読み漁っています。

(ゼミが何か分からなかったら

調べてみてね!)

 

さてさて、今日から7月ですね。

後日受験の人以外は

さすがに模試の復習終わったよね?笑

(終わってなかったらいますぐやろう!)

 

そろそろ担任助手の人と面談が

始まる頃だと思います。

もうやってる人もいるのかな?

 

そこでは今までの勉強法の振り返りを

することだと思いますが

今振り返ってみて

6月模試までの自分の勉強法は

どうでしたか?

 

それで成果が出た人はぜひ続けて下さい!

「継続は力なり」です!

もちろん今回の成績に合わせて

修正してくださいね。

 

しかし、今回問題にするのは

成果が出なかった人です。

 

模試から一週間たった今でも

なんとなくでその勉強法、続けてませんか?

 

成果が出るまで時間のかかる勉強法なら

もちろん様子見はするべきでしょう。

 

しかし、ずっと続けているのに

成果が出ない勉強法ってありませんか?

 

確かに「継続は力なり」という言葉はあります。

しかしその言葉は本当に

どんな状況でも当てはまるのでしょうか?

 

継続が力になるのは

その継続が正しい方向

向かっている時だけです。

 

例えば

この人のゴールが正面の道の先だと仮定して

もしこの人が右や左の道に進んでしまったら

ゴールにたどり着けますか?

答えは違うと思います。

仮にもしたどり着けたとしても

膨大な時間がかかってしまいますよね?

 

時間が無限にあるならそれでもいいでしょう。

しかしみんなは受験という道を選んだ以上

時間は限られています。

 

回り道なんてしてる余裕はないですよね?

合格はやはり最短ルート

掴み取りたいですよね!!

 

 

つまり何が言いたいかというと

「継続しない」勇気を持とう!

ということです。

 

日本という国ではとかく

継続することが美化されがちですが

僕は思い切ってやめてみること

同じくらい大事だと思います。

 

そろそろ始まる担任助手との面談は

成果のでない勉強法を改める

いい機会になると思います。

 

よかったことは継続して

悪かったことは継続しない。

 

これがいわゆる分析ってことだと

僕は思います。

 

これから夏に向けて

態勢を整えて

合格まで最短ルートで

突っ走りましょう!!

 

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

 

明日の更新は??

いつもあかるい矢花担任助手!!

 

朝と夜にハイテンションになる

彼女のブログに乞うご期待です…

 

 

部活生!

受験勉強始めるなら

東進でどうですか!? 

↓↓気になる方は画像をクリック↓↓ 

 
 
↓↓気になる方は画像をクリック↓↓ 
 
 
 
高3生は部活生特別招待講習
  
 
高012生は夏期特別招待講習
 
 
にて無料で 
 
東進の講座
 
\受けることができます/
 
 
何から始めたらいいのか…
周りが勉強を始めた…
受験について全然知らない…
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
↑↑気になる方は上か下の画像をクリック↓↓
 

 

 

 

過去の記事