考えるな。感じろ。 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 2月 2日 考えるな。感じろ。

みなさんこんにちは!!

明治大学政治経済学部に通っている

喜多村です!!

今日は

これから、もしくは、今まさに勉強を始めている

「新受験生」に向けて書きたいと思います。

僕には、受験を通じて

身につけて欲しい

ある「力」があります。

なんでしょうか??

学力??

集中力??

忍耐力??

毎日続けるということ??

すべて大事ですが、

1番ではありません。

僕が身に付けて欲しいのは

「考える力」

です。

「考える力」とは、

難しい問題を解けるようなるといった

考える力の方ではありません。

僕が身につけて欲しいのは、

「毎日考えて行動する力」ということです。

例えば、

英語の成績が上がらない・・・

と悩んだときに、

とりあえず単語をやろう!!!

と突っ走るのではなく、

自分には何が足りないのか

何が出来るようになれば

英語の成績は伸びるのか

といったことを

常に考えて勉強するということです。

英語の成績が伸びないといっても

色々な原因がありますよね?

1番最初に挙げた

「語彙力が足りない」

もそうですが、

まず、もしかしたら時間制限をつけないで

解いてみたら解けるんじゃないか?

まだまだ演習量が足りてないんじゃないか?

一文一文は正確に読めているのか?

文法や構文はしっかり理解出来ているのか?

と色々あります。

全然こんなこと考えたことないから

全くワカラン・・・

ってなった子は、

僕たち担任助手と一緒に考えよう!!

僕たちはそんなサポートをするためにいます。

さらに、「成績が伸びない・・・」

と思ったときに考えるのもそうですが、

毎日勉強する際にも、

「この授業は何を身につけるための

授業なのか」

ということを考えながら勉強して欲しいです。

例えば、構文の授業というのは

「一文一文を正確に理解する力」

をつけるための授業です。

そのためには、

主語(S)がどれで、述語(V)がどれなのか。

といったようなことを考え、

文の構造を考えながら

勉強しなくてはいけませんよね?

逆に、

「ただ初めて見た単語を覚える」

「忘れてた文法事項の確認なっている」

「なんとなく文章が訳せる」

といったように何も考えずに

授業を受けてしまっていたら、その授業は

何の意味もありません

 

さらに、この「考えるクセ」がついていれば

受験が終わってからも役立つと思います。

たとえば、第一志望が叶って

大学に行くことになったとき

「なぜこの授業を受けているのか」

といったようなことを

自然と考えることが

出来るようになると思います。

受験勉強は本気で頑張っていれば

必ず将来にも役立つ力がつきます!!!

新受験生は今から

ホンキで頑張りましょう!!

まだ勉強のスタートをきれていない高校生のみなさん。

はじめが大事ですよ!

どんな新学年をスタートしますか?

東進では、新年度特別招待講習というのを準備しています。

今なら5コマ×2講座を無料で受講可能!

勉強始めるきっかけにしてほしいです。

最後までお読みいただき

ありがとうございます!

次回の更新は

彼に元気をもらった人も多いはず!

廣居さん!

お願いします!!

~~~~~~~

この春で、自分を変えよう!

招待講習の申し込みはこちら↓↓

~information~