自信をもって! | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 1月 6日 自信をもって!

 

皆さん

こんにちは!

 

1年担任助手

長谷川沙綾です

 

明けまして

おめでとうございます!

 

今年も

よろしくお願いします!

 

私の家では

新年は

お決まりのように

箱根駅伝を見ています!

 

もちろん

今年も見ました!

 

そんな箱根駅伝を見て

感じたこと

考えたことから

受験生の皆に

3つほど

今日は

話したいと思います!

 

1つ目は

 

最後の最後まで

絶対に

あきらめないでください

 

そう、

試験開始の1秒前まで

 

駅伝は襷を

チームで渡しあっていきますよね?

 

しかし

1位のチームが

襷を渡してから

ある時間を過ぎてしまうと

前の走者が来ていないくても

襷が渡されていなくても

次の走者は

繰り上げスタートを

しなければなりません。

 

1番最初の走者から

繋がって

皆の汗が

染みこんだ襷

繋がらず新しくなった

乾いた襷

重みが

全然違う

駅伝の選手たちは

言っていました。

 

駅伝の選手たちは

汗が染みこんだ襷

次の走者に繋げるために

繰り上げスタートの

最後の1秒まで

必死にあがいていました。

 

皆も

 同じじゃないですか?

 

受験当日

最後に何をしようと焦り

結局

何も出来なかった

もったいないくないですか?

 

もしかしたら

最後に見た問題が

出るかもしれない。

 

その1問で

合格不合格

分かれてしまうかもしれない。 

 

だからこそ

最後の1秒まで

諦めないでください

 

2つ目

 

皆さん

1人ではありません!

  

箱根駅伝

走るのは1人

 

だけど

 

1年間

を共にした

仲間が心にはいるし

最後ゴールで待っている

そこに向かうために

 

疲れて

なかなか動かない足

必死に

前に出している姿

とても感動しました。

 

皆も

同じじゃないかな?

 

確かに

受験会場では

自分の席に座り

1人で戦うこと

なります。

 

 だけど

 

心には

これまで

受験勉強の

を共にした仲間

 

これまで

自分が最高に

勉強しやすい環境

与えてくれた家族

 

何度も言葉で励ましてくれた

学校の担任の先生や

東進の担任、担任助手

 

たくさんの人が

います。

 

そしてたくさんの人が

皆と一緒に戦っています

 

なので

1人ではないよ!

 

そして最後に

 

今まで自分のしてきたことを

信じてあげてください!

 

どんなに足が速い選手でも

負けたことのない選手でも

誰でも緊張はします

 

すごく緊張する場面で

やるべきことは

ただこれまで

自分のしてきたことを

信じてやること

だそうです!

 

不安になるけど

 

大丈夫

 

皆しっかり

やってたよ!

 

だから

最後の最後まで

諦めず

一緒に戦いませんか?

 

そして

最後に

自分のこれまでしてきたこと

褒めてあげてください!

 

自信をもって!!

 

最後まで

読んで下さり

ありがとうございました!

 

——–

明日の更新者は

 

新年を

ディズニーで迎えた 

 

大場担任助手です!

 

何を伝えてくれるのか

お楽しみに!!

 

—————– 

 

~information~

過去の記事