身近なものだからこそ | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 3月 14日 身近なものだからこそ

 

どもっす。

千葉大学1年

工学部メディカルシステム工学科の

佐藤由季也です。

 

みなさんに

嬉しい報告があります。

 

最近ちょっとずつ

ではありますが

僕も痩せてきました。

 

ちょこちょこジムに

行ったり、

毎日1500kcal以内に

食事を抑えている成果が

やっと出てきましたかね!

 

そのうち、標準体重に

なってスリムな

僕をみなさんに

見せる日も

近いかもしれませんねー(笑)

 

僕が少しずつ

痩せることが

出来た理由の

一つに

家族の協力

あると思います。

 

気を使って

夕飯にサラダをよく

用意してくれたり

しましたしね。

 

 

今思えば、

高校のころから

僕は父や母の協力に

本当にお世話になって

きています。

 

 

毎日夜遅くまで

仕事をしてくる

父親、

毎日、自分より早く起きて

弁当の用意をしてくれる

母親、

 

もし、この助けが

なかったら自分は

かなり危険な高校生活

を送ってただろうなーって

今になると思います。

 

 

おそらく、みなさんも

両親にはお世話になってる

身であると思います。

東進生なら資金の

面で大きくお世話に

なってますしね。

 

 

そんじゃあみなさん、

一般的、道徳的に、

なにかお世話になった人に、

あなたは何をすべきですか?

 

 

もちろん、

お返しをするべきですよね。

 

 

 

してますか?(笑)

 

 

 

ぼくはしてませんでした(笑)

 

 

 

 

学校に行って隣の人に

消しゴムを借りたとき、

その人には

「ありがとう。」

って言うくせに

僕は母や父には

何も言いませんでした。

 

 

両親が子供を

世話するのは

確かに国で定めた

義務かもしれません。

 

でもあなたは

両親をみて

義務だけであなたを

育ててるように

見えますか?

 

 

人間って灯台みたいな

ものでして、

遠くにあるものを

見ようとするあまり

近すぎるものは

意識的に排除してしまいます。

 

 

だからこそ、僕は、

「あたりまえ」っていう

概念を消して、

身近なものに感謝できる

ような人になりたいし、

みんなにもなってほしいです。

 

 

じゃあ実際に、

感謝の気持ちとして

何をすればいいのか?

 

 

明日から朝早起きして、

家事の手伝いでも

すればいいのでしょうか?

 

 

 

いや、違います。

 

 

 

 

 

答えは、

良い大学に

行きましょう!!

 

 

幸い、このブログを

読んでくれてる人は

両親の援助によって

東進に通うことが

出来てる高校生だと

思います。

 

 

 

なら、援助に答えて

あげましょう!

なら、道徳的に

お世話になった人に

恩を返してあげましょう!

 

 

いくら貸しを親に作っても

最後にまとめて返せば

オッケーなのですから

皆さんの大学合格で

返済してやりましょう!!

 

 

 

さて、次回の更新者は・・・

 

image1.JPG を表示しています

 

YAKAWA担任助手!!

 

1年担任助手のなかで

一番可愛いと称される

彼女がどんな

メッセージを

送るのか!!

 

明日も見てください!!

 


 

ブログでも

伝えたとおり

 

いつかじゃなくて、

今変わろう。

今行動しよう。

東進の招待講習で

自分を変えてほしい。

いまなら無料だからぜひ!

校舎で待ってます。

招待講習の申し込みはこちら↓↓

2017年合格が続々と出ています!!

詳しくはこちら↓

~information~