10年分 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2016年 8月 16日 10年分

 

こんにちは

千葉大学 文学部 歴史学コース

伊藤遼 です。

 

今日は

皆さんが現在取り組んでる

過去問演習に関した

話をしたいと思います。

 

少し厳しめな感じに

なってしまいますが

時間の無駄に

なるような

文ではないので

最後までお付き合いください(笑)

 

さて

 

8/28の

センター模試まで

二週間を切りました

 

この模試の重要性に関しては

各担任助手の方から

耳が痛くなるほど

されていると思うので

省きますが

 

その模試に向けて

どれくらいの努力

できていますか??

 

過去問全科目10年分

 

やる努力できてますか??

 

「基礎ができていないから

まだやっても意味ないです。」

 

結構このような声を聞きます。

 

では

 

基礎の完成とは何なのでしょう。

 

はっきりと答えられますか??

 

センター模試とは

高校生の教科書レベルの問題

しか出ません。

 

つまり

基礎の完成とは

センター試験 満点

を意味します。

 

果たしてこれは

いつまでにできるように

なるのでしょう

 

 

僕は

全教科の

基礎の完成を

1年やそこらで

できるようになることは

ものすごく厳しいことだと

思います。

 

 

基礎の完成

尋常じゃなく難しいこと

 

ということを

認識してください

 

 

「じゃあどーすればいいんだよ!」

 

 

持論ですが

 

未完成な状態でいかに得点を

捥ぎ取るか

 

これが

センター試験

で合格点をとる

勝負所

だと思います。

 

 それを

可能にするために

 

センター試験という場での

得点力をつける

センター試験というものが

いかなるものか

どんな特徴があるか

 

これを過去問を解く中で

見つけて

身につける

 

その必要があります。

 

これが

過去問演習を10年も

やる意義だと

僕は考えます。

 

もちろん

過去問のやり直し

基礎の勉強になるので

その点も

やる意味に

なると思います。

 

 

辛い

面倒くさい

 

その通りです。

 

しかし、

 

受験を経験した

担任助手

これだけお勧めする

過去問10年分

どんな意味があるのか

もう一度考え直して

 

やる気がでてくれたら

うれしいです。

 

 

さて気になる次回の更新者は

 

戸森担任助手!!

楽しみですね!

~~~~~~~~~

今の自分じゃ不安、、

もっと努力したい!

勉強なにしたらいい?

 

一つでも当てはまったら

気になる項目を!クリック!◎

↓↓↓