2月だ、受験生に告ぐ。 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 2月 1日 2月だ、受験生に告ぐ。

こんにちは!

早稲田大学創造理工学部

環境資源工学科の

本田明紗海です!

nanndonoo

最近

最近インフルエンザが

流行っているようですね!

何度も言っていることですが

体調には本当に気を付けてくださいね!

itte

さて、今日は、

とてもスペシャルなゲストがいます。

じゃかじゃかじゃかじゃか…

じゃん!

いませんね笑

本当は、

スペシャルな人から

スペシャルなアドバイス

をもらってきました!

それは

東大理一の友人、Aさんです。

彼女は私の唐突すぎる質問にも

すぐに答えてくれました!

(ここで持ち上げとく)

私「勉強しててメンタル崩れたら

どうしてた?」

Aさん「とりあえず色んな人と話。

司書の先生とか、信頼してる先生とか。

その時、特に心に留まったというよりかは、

みんな「大丈夫」と言ってくれて、

それに根拠があったかどうか

今となってもわからないけど、

そうやって励ましてもらってるうちに

ちょっとずつ立て直した。」

私「この時期の

受験生に伝えたいことは?」

Aさん「私大の入試前、気が大きくなりがち

(A判バンバン出てたりすると特に)

だけど、全然そんなことない。

A判普通に出せるようなとこでも、

「絶対受かってやる」って思って受けないと

落ちる。」

「落ちてもいいやって思っても、

国立二次の前に結果が出る場合には特に、

国立二次の時点で進学先があるかが

気持ちを分けると思うので、

やっぱりその時点で一つは進学先を

確保しておきたい。」

「私の場合は、

慶應受かってたからかなり気持ちに

余裕を持って国立二次受けられた。

余談だけど、

今年東大理一受かった女子3人とも、

慶應確保して受けてるし、

やっぱり精神状態大切!」

「私大の入試って、

驚くほど手応えがない場合があるから、

やっぱりちゃんと過去問といて

手応え確認したうえで丸つけして、

点数だして、

合格ライン超えるか超えないか

ちゃーんと確認していった方が、

後々のためになると思う。

同じ「できなかった」でも、

そんなもん」と思えるか、

失敗した

○○でもできないのだから実力不足

みたいに思うかで多分差が大きい」

彼女は早稲田理工の入試のとき、

数学でうまくいき気が抜けてしまって

後の科目でこけて落ちてしまった

といいます。

彼女の考えに

私はほとんど賛成です。

(というより全てに笑)

東大生の言葉だからここでみんなに

伝えてるんじゃないんですよ?笑

もう私立入試が始まっている人もいるでしょう。

まだまだこれから受けるよって人も、

いや1校も受けないって人も、

目の前の大学受験を、

1つずつ丁寧に

こなしていきましょう。

その先に合格はあります。

それではまた今度、

校舎でお会いしましょう!

次回の更新は…!

(わっ若い…)

喜多村担任助手!

明日もよろしくお願いします♪

~~~~~~~

この春で、自分を変えよう!

招待講習の申し込みはこちら↓↓

~information~

 

最新記事一覧

過去の記事