受け身術 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 2月 4日 受け身術

こんにちは

千葉大学文学部一年 伊藤遼です。

今日は

自分がちょうど一年前

受験に挑んでいた時の

心持ちを

伝えたいと思います。

新高3、高2生の皆さんにも

見てほしいです。

まずは受験生たち。

これから

試験

合否結果

試験

合否結果

の繰り返しになると思う。

合格の時は喜べばいい。

そして10分くらいワチャワチャしたら

切り替えて

次の試験に向けて勉強すればいい。

(僕は最後の最後まで

合格しなかったので

合格後の試験を知らないけど…)

大事なのは落ちた時。

どう切り替えるか。

僕は落ちた後の試験の受け方なら

よく知ってるので

伊藤流

不合格受け身術

伝えます。

(第一志望も

合格0で望んだんですよ笑)

どんな風に心を保つかが

大事なんだけど、

僕が実際に落ちたときに

考えたことは

「こんなに有能な俺を落とす大学は

こちらから願い下げじゃ。」

「ショックを受けるべきは

落とした大学側だな。

こんな有能な人財を

みすみす逃すなんて。

かわいそうな大学だ。」

僕は何度も言ってきてますが

ひねくれ者です。

落ちた事のショックよりも

ショックを受けて

勉強に集中できないことの方が

腹が立ちません?笑

なんで落とされた後にまで

影響受けなきゃならないんだよ!

って思いません?笑

ひねくれ者結構!!

一瞬で切り替えて

次の試験に臨みました。

まあ、

何が言いたいかと言うと

気にしなければ

大丈夫ってことです。

鼻で笑って切り替えましょう!

次に新高3高2たち。

来年、再来年には

もう君たちが

試験を受けているんです。

自覚がありますか?

1年2年なんてほんとに一瞬です。

やらなくてはならないこと。

後々になってたくさん出てきます。

あの時やっていればって

思うことの無いように、

今やりましょう。

努力は必ず報われます。

報われない努力はありません。

報われるまで努力し続けよう。

ここからです。

今日の努力が

明日の自分を救います。

今月の努力が

来月の自分を。

そして

受験するその時の自分を

救います。

一緒に頑張っていきましょう。

東進津田沼校。

全員で最高の未来を掴みましょう!

明日の更新者は

森長担任助手です!

お楽しみに!!

 ~~~~~~~~~~~

この春で、自分を変えよう!

招待講習の申し込みはこちら↓↓

~information~