見える世界 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2017年 7月 2日 見える世界

 

こんにちは

早稲田大学法学部

担任助手1年

矢花由希です

 

「新1年」って言葉に

違和感を感じるようになったところに

時の流れを感じます

 

もう7月ですね

蒸し暑くて嫌な気候が続きましたね

汗が2秒で蒸発したらいいのに

って思います

 

もう7月ということは……!

2017年も半分が終わりました!!

時間が過ぎるのはあっという間です

 光陰矢の如し、ですね

 

———-

 

時は金なり

って言いますね

 

時間は大切です

だから自分のために

毎日一生懸命勉強しましょう

 って普通の警句ですね

 

今のは、

時を手に入れるという

視点に立った考え方です

時を与えるという

視点に立つと、

 

気前よくなれ

他人のために時間を惜しむな

との格言にもなります

 

上の見方は新聞から学びました

 

 

最近話していて友達が

己の欲せざる所人に施す事勿れ

って言葉好きじゃない

って言い出しました

 

私は

「え?されて嫌なことはしないって大事じゃん」

と思いました

 

でも友達は、

だってされて嫌なことって

人によりけりだもん

 

私はハッとしました

 

この言葉って大事な意味も含んでいるけれど、

場合によっては価値観の押し付けになってしまう

私がされて嬉しいだろうと思って相手にしたことは

そうとは限らない

その逆も然りだな、と

 

 

時は金なりの話と

私の友達の話

この2つには共通点があります

 

それは

私の世界の見え方が変わった

ってことです

 

新聞を読むのも友達と話すのも

日常の何気ない時間ですが

その時間が私の世界の見方をちょっと

変えてくれました

 

最近私は髪型を変えたいと

思うようになりました

すると自然と街ゆく人の髪型が

目に入るようになりました

 

客観的に存在する世界は変わりませんが

私から見える世界は変わります

 

私は叱られるのが好きです

私の視点から

何でダメなんだろう?って思うことを

別の視点から教えてくれるからです

 

人の夢や志を聞くのも好きです

機会があれば積極的にそういう話を振ってみます

この人はこんな風に世界を見て

こんな風に世界を変えたい

こんな風になりたいって思ってるんだ

って新たな発見があるからです

 

まとまらない話ですが

伝えたかったのは

世界の見方なんて

きっかけや意識次第で変わっちゃう

ってことです

 

とっても簡単でとっても素敵なことだと

思いませんか?!

  

———- 

 

次回の更新者は…!

将来は幼稚園教員というかわいらしさと

山岳部でインターハイ出場というかっこよさ

を兼ね備える

かおりんこと

中村香央里担任助手です!!

 

 

 

大学生になって

最近ますます可愛くなっている彼女は

何を語るのでしょう

 

お楽しみに!!!

 

———-

 

部活生!

受験勉強始めるなら

東進でどうですか!? 

↓↓気になる方は画像をクリック↓↓ 

 
 
↓↓気になる方は画像をクリック↓↓ 
 
 
 
高3生は部活生特別招待講習
  
 
高012生は夏期特別招待講習
 
 
にて無料で 
 
東進の講座
 
\受けることができます/
 
 
何から始めたらいいのか…
周りが勉強を始めた…
受験について全然知らない…
 
相談質問等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えさせていただきます!
 
気軽にお越しください!
  
  
↑↑気になる方は上か下の画像をクリック↓↓