my lover | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 3月 24日 my lover

 

おひさしぶりです!

 

かけはしです!

 

 

最近が激しいですよね

 

風邪ひかないように

 

気を付けてくださいね

 

 

今日は風邪をひかないコツ

 

みなさんに伝えていきます

 

 

風邪をひく原因は

 

大きく分けて2つ

 

人から移されるなどの外的要因

 

生活習慣の乱れなどの内的要因

 

があります

 

 

内的要因の中にも

 

衣食住に関わる物理的要因

 

ストレスなどの精神的要因

 

があります

 

 

僕が今日お教えするコツ

 

精神的要因を軽減するものです

 

 

そのコツ、それは…

 

お風呂です!!!

 

 

 

 
 
みなさんちゃんと
 
 
入ってますか?
 
 
 
 
時間がないからって
 
 
湯船に浸からない人が
 
 
いるみたいですけど
 
 
絶対!!!
 
 
浸かった方がいいですよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
この画像を元に
 
 
湯船に浸かる意義を
 
 
みんなに説いていきたいと思うよ
 
 
 
 
湯船に浸かることで得られる7つの効力…
 
  
1.血行が促進される
温熱による血管拡張作用で
血行促進されていきます
それに加えて
内臓や筋肉への
酸素や栄養分の補給が増し
腎臓や肺からの老廃物の
排泄も促されます
 
 
2.静水圧による引き締め効果
お風呂に入って
肩まで体を湯の中に沈めた場合
湯の水圧は500キロにもなります
この水圧は
血管やリンパ管を圧迫して
血行やリンパ液の循環をよくし
全身の代謝を活発にさせる
効果があります
とくに下半身にある
腎臓の血流もよくなるので
排尿量が増え
「むくみ」や「冷え」の
緩和につながります
 
 
3.皮膚清浄の美容効果
入浴して体温が上昇してくると
皮脂腺からは皮脂が分泌されます。
汗腺からの汗と混ざって
皮脂腺をつくり
肌に潤いをもたらします
 
 
4.浮力による体重軽減
お風呂に体を沈めると
体重は10分の1以下になります。
これにより
足腰の筋肉をはじめ
体の関節などが
重圧から一時的に
解放されるので
心身のストレス解消になります
 
 
5.リラックス・ホルモンが分泌される
心地よい温度の
お湯の中に入ると
βエンドルフィンなどの
リラックス系ホルモンが
分泌されます。
なので、心身ともに
ゆったりと過ごすことが
できるのですね
 
 
6.病気の予防にもなる
白血球の働きが
温熱効果やリラックス効果
血行促進効果によって高められ
あらゆる病気の
予防や改善に役立ちます
 
 
7.脳梗塞や心筋梗塞に
かかりにくい体質になる
入浴の温熱効果により
血栓を溶かすために備わっている
プラスミンという酵素が増えるので
脳梗塞や心筋梗塞の
予防に役立ちます
 
 
 
 
最近、
 
 
疲れ取れないな…
 
 
体調崩しぎみだな…
 
 
 
 
って思ってる人は
 
 
だまされたと思って
 
 
試してみてほしい
 
 
 
 
上にあげた諸々の要因で
 
 
精神的な要因を軽減するはずです 
  
 
 
 
是非湯船に浸かる習慣をつけましょう
 
 
39~40℃のお湯で
 
 
1日15分な!
 
 

 
 
最後まで読んで頂き
 
 
ありがとうございました^^
 
 
次回の更新者は…
 
 
 
 
西田!
 
 
これいい写だね
 
 

 

東進の東大現役合格者実績は日本一。


その理由を君の目で確かめてもらうのが、

「新年度特別招待講習」

です。


春期講習を無料で体験できる特別な機会に、

君を招待します。

お申込みは下の画像をクリック↓↓↓

 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓