【やってるだけで褒められる時期はもう終わり】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 8月 31日 【やってるだけで褒められる時期はもう終わり】

 

こんにちはこんばんは!

青山大学理工学部2年

大貫 真輔です!

 

そういえば

そろそろ先日あった

共通テスト本番レベル模試の

成績表が見れるようになりましたね!

♯ちょっとピークからずれてる

♯ちなみに後日受験の人は多分まだ無理

 

勿論見れるようになった人は

もう見たと思いますが…

 

今年の夏の勉強の成果は出ましたか?

 

全国規模の模試なので

自分の想定以上にうまくいった人

伸びたは伸びたけど目標は越えられなかった人

数か月一生懸命勉強したのに点数が変わらなかった人

なんなら前回の模試から点数が下がってしまった人

色んな人がいると思います

 

自分が思う通りに成績を伸ばせた人は

当然このまま頑張っていってほしいし

自分の思う通りに成績を伸ばせなかった人は

何故伸ばすことができなかったのか?

これを分析しなければなりません

♯諸星担任助手がよく言ってるアレ

 

成績が上手く伸びなかった原因は何か?

 

そもそもの勉強量が足りなかったのか?

勉強の方向性を間違えたのか?

科目毎のペース配分を誤ったのか?

 

もしくは

単純に勉強して積み重ねてきたものが

模試の成績という目に見える物に

まだ反映されていないだけだったのか?

(ちなみに勉強の効果は見えるようになるまで三ヶ月かかるらしい)

 

要因は人によって様々挙げられると思いますが

伸びなかった要因を考える作業の重要性

これがここから先もっと増してきます

 

それはなぜか

夏休みが明け普通の学校生活が始まるこれからは

今までのように一日当たり十何時間も

受験勉強に割くことが困難になります

♯出来ないとは言ってない

 

でもそれは全国の現役生に

平等に起こる事でもあります

つまり

他のやつらに量で差をつけることが

今まで以上に難しくなるという事です

 

なので

量が多い少ないで差をつけるのではなく

方向性が正しいか間違っているかで差をつける

この考え方を頭に入れて

これからは勉強を進めていく必要があります

 

夏休みで朝から晩まで勉強をしてきた皆なら

もう既に量をこなせる身体は出来上がっているハズ

そうすると

これまで以上に

質が成果に及ぼす影響は大きくなります

 

今までは

ひたすら量だけやってれば伸びた成績も

ここからはこなすだけの勉強だけじゃなくて

頭を使った勉強にシフトしなきゃ

必ず限界が来ます

 

もしも一人で分からないことがあれば

担当や受付にいる担任助手に頼ってみてください

皆一度は受験を経験しているので

きっと何かの役には立ってくれるはずです

 

残り約半年間一緒に頑張っていきましょう!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

明日の更新は、、、

 

 

中山担任助手!

 

どんな紹介書こうかなーって

考えに考えて考え抜いて

結構迷ったんですが

全然出てこない、、、

 

ていうか

思い返してみれば前回も俺の後じゃなかったっけ??

 

そりゃ思いつかないわけだ!

 

明日の更新も絶対見てね~

 


受験について全然知らない……

 

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

 

お応えします!

 

お気軽にお越しください!

 

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓

 

 

 

 

過去の記事