【やっぱりハッピーエンドじゃなきゃ!】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 2月 11日 【やっぱりハッピーエンドじゃなきゃ!】

 

こんにちは

立教大学

経済学部

経済学科

2年

柴山和樹です

 

昨日の玄ちゃんからのリクエストですが

全く覚えていません笑

おそらく何も考えていませんね

 

そして

おそらく受験生は

僕のブログを見るのが

最後になる人が多いのかなと

思います、、、

 

非常に寂しいです、、、

 

最後まで読んでいただけたら幸いです

 

 

皆さん突然ですが

ハッピーエンドは好きですか?

 

映画や小説で

色々な困難があっても

その困難を乗り越えて

最終的に幸せになる

 

良いですよね笑

 

皆さんも憧れたことありませんか?

 

僕も人生なんだかんだ

ハッピーエンドになるって

思っていました

 

高校3年生の受験の時

センター試験の結果はあまり良くなく

私大の個別試験もあまり結果は振るいませんでした

 

けど心の底では

何とかなる

そう思っていました

 

結論を言います

 

何とかなりません

 

残酷な話ですが

この世にハッピーエンドが

必ず迎えられるなんてこと

絶対にありません

 

映画のように

ヒーローが助けてくれたりなどの

ご都合主義が起きるなんてこと

そうそうありません

 

その結果僕は浪人しました

 

これから皆さんには

受験を終えて

合格発表が始まると思います

 

その結果を受けて一喜一憂すると思います

 

合格ならば明るい未来が待っていると

希望に満ち溢れると思いますが

不合格なら非常に悲しく

時には現実逃避したくなるかもしれません

 

しかしこれは全て現実です

 

映画や小説という作られた世界ならば

全員が幸せになれますが

現実は違います

 

ここまで聞いて

現実って嫌だなー

って感じると思うのですが

映画や小説は終わりが決められています

 

自分がどんなに納得がいかなくても

作者が決めた終わり方で終わってしまうんです

 

しかし現実は違います

自分が死ぬまで続きます

 

主人公が自分、作者も自分の物語です

自分で自由に終わり方を決めることができるのです

 

つまり

目も背けたくなるような

現実が訪れても

死ぬまで何回でも

挽回のチャンスがあります

 

 

 

今失敗しても

何度でもやり直せる現実

良くないですか?

 

現実は残酷かもしれない

だけど何度も挽回のチャンスがあります

 

どうせならハッピーエンド目指しましょう

 

やっぱりハッピーエンドじゃなきゃ!!!

 

 

 

明日の更新者は、、、

 

安藤担任助手!!!

彼で笑ったエピソードは

浪人時期に高校時代の制服が入らず

悪戦苦闘していたことですね笑

 

明日もお楽しみに!!!

 

 

 


 

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓