【価値創造】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 6月 14日 【価値創造】

 

 

みなさんこんにちは!

 

学習院大学経済学部3

福井彩です!!

 

 

なんだか最近

毎日嫌な夢を見て

寝不足気味です

 

犯罪者の人質になる夢とか、

夜道でおじさんから逃げる夢とか、

ショッピングモールで

追いかけ回される夢とか、、、

 

毎日夢の中で何かしらに

追いかけられて、

不安や恐怖を感じながら

目が覚めますΣ(・・;)

 

そろそろ幸せな気持ちで

目覚めたい!!

 

おすすめの快眠方法を

教えてください

 

 

 

さてさて、私は大学で

マーケティングのゼミに

所属しています。

 

実際に企業の方とコラボをして

商品広告の提案をしたり

商品開発を行ったりしているので

興味がある人はぜひ聞きに来てね!

 

ゼミは教授の専門分野について

少人数で学べる授業です。

 

希望のゼミに入るために

試験や面接を受けます。

 

ちなみに私のゼミは

成績・レポート・面接の

三段評価で合否が決まります。

 

 

で、今日はそのゼミの

1つ下の代の面接日でした。

 

私はゼミ幹部をやっているので

教授と一緒に総勢67

ゼミ面接を行ってきました。

 

10:00にはじまって

全部終わったのは18:00

そこから判定会議

 

 

【感想】

めっちゃ疲れた!!!

人を評価するって

難しい!!!!!!

 

 

11人の良さや特徴は

全然違うから

どんな尺度で

判断すればいいのか

 

 

さっきの子より今の子の方が

グループワークに向いてるかな?

 

前の子の方が

受け答えがしっかりしているな

 

とか色々悩みながら

評価をつけた10時間でした。

 

 

 

で、なんの話かっていうと。

 

私、ちょうど最近、

 

私は自分のことを

他人との相対評価でしか

考えられないから

こんなに窮屈なんだな

 

ってことに気づいたんです。

 

 

けど、面接をしてて、

 

世の中って

相対評価が溢れてるよなー

 

と、思ったわけです。

 

 

考えてみれば受験だって

最初から合格点が

決まってるわけじゃなくて

その年の受験生の点数で

相対評価されるし。

 

 

もっと日常的なことでも

相対評価って多くないですか?

 

「〇〇の方が彩より〜だよね」

「彩って〇〇に比べて〜だね」

「〇〇は〜なのに、彩は〜だな」

 

みたいな言葉、

勉強、部活、性格、容姿、

いろんなところで

言われた経験ありませんか?

 

こういう言葉って

たちの悪いことに

なぜか悪く言われたことだけ

記憶に残るんですよね。

(私だけかな?)

 

 

そんなわけで

元々歪みが多いことも相まって

人との相対評価を異様に気にする

福井が出来あがりました( ;  ;

 

歪みが悪化した福井は

周りの人への良い評価や

周りの人の価値の高まりは

相対的に自分の価値を

低くするのではという感覚に

陥ることすらありました。

 

そう、

典型的な劣等感や妬みです。

 

 

時にはそういう感情が

上手く負けず嫌いとして

努力に繋がることも

ありました。

 

けど結論言ってしまえば

上手く努力に転換できない

ドロドロした劣等感や妬み

自分の足枷にしかなりません。

 

私はそんな足枷を

今まで両足に、

というかもう全身に(?)

たくさん付けて

生きてきたわけです。

 

 

 

 

相対評価なくなれ!

とは思いません。

 

自分だって人のことを

相対評価でみることは

沢山あるわけで。

 

じゃあ何が言いたいの?

って思った方、

ぐだぐだ話して

ごめんなさい(笑)

 

 

 

私はそうやって

 

他人との相対評価を

気にしすぎて窮屈なんだ

 

ってことを自覚してから

冷静に考えたら

 

いやいや、

他人の価値が上がったら

自分の価値が下がるなんて

そんなことないでしょ

 

あの人の価値はあの人の価値で

私の価値は私の価値だ

 

って思えてすごく

気持ちが軽くなりました。

 

 

そしたら

 

じゃあ自分の価値って?

私のやりたいことって?

 

ってことを

周りの人がどうとか

周りにどう思われてるとか

そういうことを気にせずに

自分自身に集中して

考えられました。

 

 

相対評価も

意識しないといけないことは

沢山あると思います。

 

けどそこで

完結しないでほしいです。

 

 

あなたの価値

他人との相対評価で

判断されることはあっても

あなたの価値

相対的に出来上がるものでは

ありません。

 

 

受験の合否は

相対的に決まります。

でも、その結果自体が

あなたの価値を

創るわけではありません。

 

 

だって

受験結果が価値になるなら

同じ大学の合格者の価値は

みんな同質になってしまいます。

 

 

あ、誤解しないで下さいね。

決して

受験の結果はなんでもいい!

とかじゃないですよ。

 

 

進学後に

自分の価値を創るための

大学選択であって

大学選択自体が

あなたの価値にはならない

ってことです。

 

 

結果を得るために

あなたが何を考え、

何をしたのか。

 

結果を手にしたとき

あなたがどう考えて

どんな変化があったのか。

 

変わったあなたが今度は

何を思って何をするのか。

 

そういうものが

あなたの価値を

創り上げていく

と思います。

 

 

自分なりの方法で

自分の価値

創造しましょう。

 

 

 

 

いつものことなんですけど

私のブログって

実用的じゃないですよね。

 

まあいっか。

これを伝えたいと

思ったんですもん。

( )

 

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

 

 

さて!明日の更新は!

 

堀内香織担任助手です!!

 

前回の初ブログでは

受験勉強を前向きに楽しむこと

の大切さを伝えてくれました!

 

大学生の私も1学生として

改めて学ぶことの楽しさ

大切にしようと思いました!

 

2回目のブログでは

どんなことを

書いてくれるのかな〜

 

ぜひ明日も見てください!!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓