【努力の天才であれ!】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 2月 22日 【努力の天才であれ!】

 

Guten Tag!!

東京外国語大学 国際社会学部 1年

野中 菜乃 です

 

 

さやさんの紹介にもあったように

おとといクッキーを作りました

自分へのバレンタインです(笑)

おいしくできたので大満足です!!

 

 

そして

前回のブログであんなに

みんなの入試が終わる前最後に書くブログ

と気合を入れたのに

なんだかんだで

また書くことになってしまいました

 

入試を目前にした

みんなに向けて

伝えたいことは

もう全部書いたので

こちらも読んでみてください!笑

『受験期の成功と失敗を振り返ってみました。』

 

 

さて今日は

入試を終えたみんなに向けた内容です

もちろんまだ終わってない人にも

読んでほしいけども!

ぜひ最後まで

お付き合いください

 

 

入試が終わった今

これから必要になってくることは

なりたい自分に向かって努力し続けること

だと思います

 

なんで今こんなことを

書くのかというと

第一志望校という目標がなくなると

驚くほど努力する理由が

なくなるからです

 

みんなが思う大学生の印象の

トップクラスに

「毎日遊んでて楽しそう」

っていうのが入ってくると

思うのですが

ほんとにその通りで

いくら春休みに

有意義な大学生活にするぞ!

と意気込んでいても

目標がないとがんばれないのです

 

もちろんサークル活動やバイトなど

学業以外で充実はするのですが

わたし自身

1年を振り返ったときに

こんなに苦労してまで受かった第一志望校で

なにか有意義な知識を身につけられたか?

と疑問に思ってしまいました

 

こういう1年を過ごすと

なんというか

自分がほんとうにやりたいことを

見失うんです

自分がやりたいのはこれで合ってるのか?

ってなるんです

だからみんなには

大学生になっても

学業に対する努力を怠らず

いろんな学びを得て

自分を見失わないでほしい

 

2年生になるともう

ゼミの話が出てきます

ゼミって一年かけて

自分がとことん向き合って

研究するものなので

好きじゃなかったり

やりたくなかったりすると

キツいものなんです

 

みんなは

努力できる人です

人生で1番って言っていいほど辛い

受験期を乗り越えたなら

それだけ努力できるということです

 

その熱量を

大学でも失わないで

努力し続けてほしいです

 

 

“自分の立ち位置や才能が無いなら

努力の天才になろう”

 

わたしの大好きな関ジャニ∞の

メンバーの1人 村上信五が

Jr時代に思ってたそうです

努力し続けられることも

立派な才能の一つです

 

みんなも努力の天才であれ!!

 

 

そして

まだ入試が残ってる受験生へ

肩の力抜いて

深呼吸して

自分はきっと想像以上

そう信じて

最後まで突っ走ってください!

 

 

明日の更新は、、

 

細木 大夢 担任助手!

この写真のとむさん

すてきな笑顔ですね~~☺︎

津田沼高校の星が

最後に贈るエールは

必見です!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓