【弱さ】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 12月 13日 【弱さ】

こんにちは

津田沼校担任助手2年の

中村聖哉です!

最近急激に寒くなってきましたよね

イルミネーションだったり

クリスマスだったり

いろいろ風物詩はありますが

彼女がいない身からすると

おでん

これが冬の風物詩ですね(笑)

寒さ寒いって言いながら

つつくおでん

たまらないんですよね~

みんなの冬の風物詩は何ですか?

 

さて今回は

自分の受験直前期

について書いていこうと思います

なかなか話す機会はないですが

みんなと共感できる部分

があるように感じたので

書くことにしました

 

 

12月頃のぼくは

自分が大嫌いでした

 

頭では

もっと勉強しなきゃいけない

とわかっているのに

それとは裏腹に

怠けてしまう弱い自分

 

勉強しているはずなのに

点数を伸ばせない自分

 

自分自身に対して

すごく憤りを感じたし

なんでできないのかと

責め続けました

 

そして

そんな現実から目をそらすために

逃げ続けました

 

特に用事もないのに担任助手と話したり

興味もないテレビを見たり

闇雲に単語帳を眺めたり

 

とりあえず

自分の弱さ

気づかないふりをしました

 

しかし

それこそが弱さでした

 

自分の脆弱さに向き合わず

忙しいふりをして

気を紛らわす

 

自信があるようにみせかけて

自信なんて少しもありませんでした

 

それでいいと自分に言い聞かせていました

自信なんてあとでついてくるもので

一心不乱に勉強するべきだと

自己暗示し続けました

 

けどある時

そんな自分に耐えられない時期

が訪れました

 

信じられない程

将来が不安になり

自分は大学生になれるのか

と不安に駆られました

 

いろいろな言い訳をつけて

東進に行かず

そんな自分に対して

悩み続けたりもしました

 

数日が過ぎた頃

さすがになにかしなければならない

と行動しました

勉強する気にはならなかったので

自分を振り返るところから始めました

 

今考えれば

この時間がとても貴重でした

 

この1年間で

手に入れたものは何か

これから手に入れたいものは何か

残りの時間でできることは何か

を考え続け

客観的に自分を見つめ直し

第一志望合格

に必要な情報を

自分が納得するまで集め続け

1枚に紙にまとめました

 

不思議なことに

これだけで

気持ちが落ち着きました

 

当時のぼくに必要だったのは

明確なビジョン

ただこれだけだったのです

 

全てが曖昧で

それ故に自信もつかず

未来に不安を感じる

不安から逃れるために

気づかないふりをして

ひたすら勉強をする

 

今考えれば

当時のぼくには

大学生になる資格はありませんでした

 

大学生は子供ではありません

 

不安から

ただ嘆いたり悩んだりするのは

子供のすること

 

本当にしなければならないのは

自分自身を客観的に見つめ直し

具体的な行動案をもとに

正しい努力をすることだったんです

 

誰しも

弱い自分と共存し

普段はそんな自分を

自分自身にすら隠そうとします

 

しかし

大学受験はそれでは乗り越えられません

 

 

弱さ立ち向かう強さ

が必要不可欠なのです

 

大学名がブランド化されている

理由のひとつには

大学受験は

ポテンシャルだけではなく

弱い自分に打ち克つ強靭な精神力

を要するから

というのがあるように思います

大学合格が間接的に

弱さに立ち向かう強さ

を表現するのです

 

 

 

みんなは大学生になる覚悟ができていますか?

 

 

 

さて明日の更新者は、、、?

福井彩担任助手だ!

笑顔が素敵ですね~

こう見えて(?)

ほんとに優しいんですよ!

いつも他人の事考えている

良い子です

この容姿で

この性格は完璧ですね!

こう言うと

絶対煽ってるって言われるんですけどね笑

そんな彼女のブログお楽しみに~


 

何から始めたらいいのかさっぱり…

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意 
お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓